1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供用品・グッズ
  4. 絵本
  5. 5歳の子どもにおすすめの絵本は?選び方とおすすめ絵本8選をご紹介

5歳の子どもにおすすめの絵本は?選び方とおすすめ絵本8選をご紹介

子どもの成長はとても早いもの。5歳の子どものために絵本を買おうと思っても、「5歳になるとどんな絵本がおもしろいの?」と迷ってしまうパパママもいるでしょう。そこでこの記事では、5歳の子どもにおすすめの絵本を8冊ご紹介します。ストーリーがおもしろい絵本、かわいい絵本、感動的な絵本、しかけ絵本、知育絵本などさまざまな視点からおすすめの絵本を厳選しました。5歳向けの絵本選びの参考にしてくださいね!

amana images

5歳の子どもの特徴

5歳の子どもにおもしろい絵本を選ぶためには、5歳の子どもがどんなことに興味をもつのか知っておくことが欠かせませんよね。まずは、5歳の子どもの特徴について知っておきましょう。


子どもは5歳くらいになると、自分の思いや考えを伝えられるようになり、同時に周囲の人の気持ちを考えることもできるようになります。

自分なりに考えて判断したり、批判する力が生まれ、けんかを自分たちで解決しようとするなど、お互いに相手を許したり、異なる思いや考えを認めたりといった社会生活に必要な基本的な力を身に付けていく。 ※1

5歳になると保育園や幼稚園で多くのお友達と関わることが増え、周りの人とのコミュニケーションもスムーズになる頃といえます。また、自分の身の回りにあるものに対する好奇心が高まってくるのも5歳の頃。

5歳児の後半には,好奇心や探究心が一層高まり,関心のあることについて,より詳しく知りたいと思ったり,より本物らしくしたいと考えて遊びの中で工夫したりする中で,身近にあるものから必要な情報を取り入れる姿が見られるようになる。 ※2

好奇心の高さから「知りたい」という気持ちが芽生えてきていろんなものに興味を持ち、絵本に登場する人物に共感することもできる年齢が5歳なのですね。

5歳の子ども向け絵本の選び方

選ぶ PIXTA

周囲の人に共感できるようになってきて、好奇心旺盛なことが特徴の5歳の子ども。そんな子どもにおすすめの絵本は次のようなポイントを意識して選びましょう!

  • 子どもの好奇心やわくわく感を高めてくれる絵本
  • 子どもへの教育や知育に役立つ絵本
  • ストーリーが奥深くおもしろい絵本
  • 情緒を育む感動的な絵本

5歳の子どもの特徴を考えると、4歳までの絵本よりも少し大人っぽい内容の絵本がおすすめです。知能もだんだん発達してくる年齢なので、知育絵本で知識や関心を高めてあげるのも良いですね。


5歳の子どもの中には自分で読めるようになっている子もなかにはいます。その場合は短めの絵本を選んであげるといいでしょう。

5歳の子どもにおすすめの絵本8選

5歳 PIXTA

それでは、5歳の子どもにおすすめの絵本を8冊ピックアップしましたので、それぞれの特徴とおすすめポイントをご紹介していきます!

1.【おもしろい絵本】おしいれのぼうけん

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ) [ 古田足日 ]

「おしいれのぼうけん」は5歳前後の子どもから人気の高い絵本の定番です。先生を怒らせておしいれに閉じ込められた2人の男の子はなかなか謝らず、2人でおしいれの冒険を始めます。


鉛筆だけで描かれた白黒のイラストは絵本としては異色。これまでのカラフルな絵本を見慣れてしまったという子どもにとっては、とても新鮮に映ることでしょう。「ねずみばあさん」の存在感が大きくて、純粋に物語に引き込まれる5歳向けのおもしろい絵本です。

2.【おもしろい絵本】100かいだてのいえ

100かいだてのいえ [ 岩井俊雄 ]

おもしろいストーリーで5歳の子どもから人気を集める「100かいだてのいえ」。100階建ての家のてっぺんに住む誰かから手紙をもらった主人公が、100階建ての家に住んでいる住人と触れ合いながらてっぺんを目指す物語。


100戸の部屋がすべて描かれていますが、ひとつひとつの部屋が細かく、かわいらしく描き込まれているのでつい見入ってしまいます。もちろん、てっぺんに住んでいる手紙をくれた誰かへの期待も膨らむおもしろい絵本です。

3.【かわいい絵本】ないしょのおともだち

ないしょのおともだち [ ビバリー・ドノフリオ ]

「ないしょのおともだち」はアメリカの小説家による絵本。主人公のマリーが女の子のネズミとお友達になるところから始まります。この「なんしょのおともだち」である2人はともに成長し、家を出て、それぞれ女の子を出産。


夢のあるファンタジックなストーリーも魅力的ですが、細かく美しいイラストがとてもかわいいと5歳の女の子から大人気。平凡社の「この絵本が好き!」で海外翻訳絵本部門第1位に選ばれたなど、大人からも支持されている人気の絵本です。

4.【感動する絵本】きょうはなんのひ?

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ) [ 瀬田貞二 ]

「きょうはなんのひ?」は家族愛を描いた5歳の子どもにおすすめの感動的な絵本。主人公のまみこがおかあさんに謎解きを仕掛けて、おかあさんがひとつずつ謎を解いていくと…まみこのおとうさんおかあさんへの温かな愛情を感じられる結末を迎えます。


5歳の子どもはもちろん、小さな子どもをもつパパママも感動してしまう絵本です。絵本の中に出てくる人物のどの立場で読むかによって、いろんな感動が味わえるところが魅力ですよ。

5.【しかけ絵本】ようせいのおしろのぶとうかい

ようせいのおしろのぶとうかい (メリーゴーラウンドえほん) [ マギー・ベイトソン ]

しかけ絵本の「ようせいのおしろのぶとうかい」は、5歳の女の子にピッタリのかわいらしく夢のある絵本です。主人公は妖精。しかけはとても細かくて、4つのシーンでお城での舞踏会の雰囲気が楽しめます。


切り抜きタイプの人形もついているので、絵本を使って人形遊びもできるところも特徴的。まるでドールハウスのような豪華さが感じられる絵本です。

6.【しかけ絵本】きょうりゅうがいっぱい

きょうりゅうがいっぱい! (とびだししかけえほん) [ ポール・スティックランド ]

「きょうりゅうがいっぱい」はいつの時代でも人気のある恐竜の絵本。絵本を開くと、迫力ある恐竜のイラストが飛び出してきたり、動いたりして、通常の絵本とは違った楽しみが味わえます。


恐竜の特徴が「たかい・ひくい」「ながい・みじかい」「おおきい・ちいさい」など対義語で表されているので、言葉の学習もできますね。

7.【知育に役立つ絵本】さけの かけごえ どんどこせ

さけのかけごえどんどこせ / 菅原たくや 【絵本】

「さけの かけごえ どんどこせ」は鮭(さけ)の一生を描いた絵本です。川で生まれて海に行き、海で成長してまた川に帰ってきますが、中には人間に捕まえられて食べられてしまう鮭(さけ)も…。


ただし、命ある鮭(さけ)を捕まえて食べている人間も、いつかはその生命を終える運命。人間はいろんなものの命をいただいて生きていることや、命の尊さを子どもに教えてあげられる知育に役立つ絵本です。

8.【知育に役立つ絵本】A・B・Cのえほん

A・B・Cのえほん (三興出版) 絵本 読み聞かせ ファーストブック 初めての英語 学習 教育 知育 教室 保育園 保育所 幼稚園 託児所 子ども 園児 幼児 5歳 4歳 3歳 2歳 年長 年中 年少 楽しく学べる イラスト えいご 読み方 ひらがな

5歳から楽しく英語を学ばせたいなら、身近なものの英単語が覚えられる「A・B・Cのえほん」がおすすめです。シンプルでカラフルなかわいいイラストと一緒に、英単語と英語での読み方が書かれています。


絵本としてのストーリーはありませんが、5歳の子どもが英語に親しむためには最適。小学校の入学準備も兼ねて、「A・B・Cの絵本」で英語に親しんでいきましょう!

5歳の絵本選びのポイントは幅広い!

絵本 PIXTA

5歳児向への絵本の選び方やおすすめの絵本をご紹介しましたが、5歳向けの絵本選びは幅広いポイントから選ぶことができますね。他人への共感力や好奇心が高まってくる年齢なので、4歳の頃より感動的なストーリーや奥深いストーリーも楽しんでくれるはず。


この記事でご紹介した8冊は、5歳の子どもから大人気の絵本ばかり。ぜひ参考にしながら、子どもの知能や感情を育んであげられるような良質な絵本を選んでみてくださいね。

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントがもらえるチャンス!

関連記事:

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントが…

2020年にご出産された方、おめでとうございます。また毎日の育児、本当にお…

おすすめ記事

「5歳」「絵本」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧