ぶきっちょでもOK!木村達沖(@okitatsu33)さんのママ向けヘアアレンジ7選〜アップ編〜

東京都立川市で美容院を経営している、木村達沖(@okitatsu33)さんのインスタグラムページを知っていますか?数々のヘアアレンジを紹介してくれている上、結び方の手順を図解や動画で説明してくれていて分かりやすく、仕上がりも綺麗&可愛い!と評判なんです。「時間がない…」「そもそもアレンジスキルが無い…」と言う方も心配無用。毎日家事に育児に忙しいママやぶきっちょなママも、ヘアアレンジをして日々のマンネリを解消してみませんか?

画像:www.instagram.com

忙しいママにおすすめ!木村達沖さんのヘアアレンジ紹介インスタグラム

毎日家事や育児に奮闘しているとなかなか自分の身だしなみへの時間が取りにくく、気づけばいつも同じ見た目…という方いませんか?そんな方はヘアアレンジを変えるだけでもイメチェンになります。

「ヘアアレンジをしたくても時間がない…」「そもそもアレンジスキルが無い…」という方におすすめなのが、東京都立川市で美容院を経営している木村達沖(@okitatsu33)さんのヘアアレンジ紹介インスタグラムやYouTube動画。

髪の毛の結び方の手順を図解や動画で説明してくれているのでわかりやすい上に、仕上がりもとても素敵で人気なんです。

時間がない方や不器用な方でもOK!木村さん直伝のヘアアレンジ方法、必見です。

木村達沖さんとは? 木村さんが経営する美容室はどんなところ?

今回紹介する木村達沖さんは東京都立川市でLacisa(らしさ)という美容室を経営されています。

木村さんの持つ信念は「美容を通してあなたの人生を変える」。お客様と二人三脚で美髪を作り上げていきたいという想い、そしてご自身が得意なヘアアレンジを皆にも伝えたいという想いから美容室経営の傍ら、美容師さん向けのヘアアレンジセミナーを開催したり、インスタグラムやYouTubeでヘアアレンジ方法を紹介したりと精力的に活動されています。

美容室は完全予約制で1人のスタイリストがカウンセリングから仕上げまで全て担当し、他のお客様と同時進行で作業をする事はしないという徹底したマンツーマンで施術が進められます。

理想の髪型・髪質に近づける施術にするべくしっかりとお客様と今の髪の悩み等を共有する為に、初来店の方とは30〜60分のカウンセリング時間を設けているのだとか!

またLacisaでは全メニューにセットになっているお客様一人一人に調合したオリジナル薬剤で行われる髪質ヘアエステや、家でも簡単に再現ができるお手入れが楽なヘアスタイルの提案などとことんお客様の立場にたったこだわりの施術が特徴となっています。

美容室のホームページには思わず行ってみたい!と感じる施術内容や説明、木村さんの仕事に対する情熱がたっぷりと載っています!気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

Lacisaホームページ

参考にしたい!やってみたい!おすすめアップスタイル7選

そんな木村さんが紹介するヘアアレンジの中から、今回は特にママ向けの簡単で見栄えが良いアップスタイルを7つ選んで紹介します。

普段のヘアスタイルにちょっと手を加えるだけでこんなにも見た目が華やかになるのだなと思うアレンジばかりですので、是非参考にしてみてくださいね!

1.ヘアゴム隠しポニーテールの変化球版、バレッタみたいなポニーテール

ヘアゴムを見えないようにするポニーテールのアレンジは比較的メジャーですが、こちらはそのヘアゴム隠しポニーテールを応用したアレンジ。

最初にポニーテールを作る時にサイドを残し、出来上がったポニーテールにサイドを一本ずつ巻いていき、最後は中にくるんと入れ込んで(くるりんぱの要領です)髪の毛を固定させてしまう方法です。

結び目部分がバレッタのようになるので、大人っぽさ、上品さがプラスされていますね。

普段使いはもちろん、参観日などの園・学校行事の時にヘアアレンジしても綺麗に映えそうです。

2.アクティブに動く日にやってみたい!おだんごポニーアレンジ

慌ただしい朝、ロングヘアのママは起きてすぐ長い髪の毛をちゃちゃっとおだんごにまとめる事も多いのでは?でもおだんごヘアーってうまくやらないとすぐ崩れてきたり位置が定まらなかったりしますよね。

こちらのアレンジはポニーテールを作り、それを折り返して毛先部分をくるっとゴムに沿って巻きつけるアレンジ方法。

毛先部分を巻きつける分おだんごが頑丈になるのでこれなら安心!おだんごから出た毛先を遊ばせたり、適度にほぐして毛束を出せばいい具合にゆるっとした風合いが生まれます。

子ども達とアクティブに動き回る日に是非試してみたくなりますね。オールインワンコーデと相性が良さそう!

3.コテ必要なし!使うのはピンとゴムだけのかんたんまとめ髪

許可取り済画像

家事や育児をしながらだとコテを使ったヘアアレンジをするのは時間が確保できなくて難しい場合がありますよね。「コテを使えないから一味違ったアレンジは出来ない・・・」と思っているママはいませんか?

そんな方におすすめなのがこちらのまとめ髪アレンジ。直毛でも可愛く仕上がります。

ポイントはまとめた髪の毛の束を2つに分けてロープ編みしてから巻きつける事。立体感が生まれ、どの角度から見ても綺麗にまとまって見えます。

また動画上では上手な毛束の出し方も一緒に紹介してくれているのでそちらも参考になりますよ。

いつもよりこなれたまとめ髪で気分もぐっと上がりそうです!

アレンジ動画を見る

4.後れ毛出してルーズな可愛さ満点!簡単おだんごアレンジ

使用許可取り済画像

ルーズな仕上がりのおだんご、最近流行っていますよね。かなり上の位置でおだんごを作りつつもルーズでラフな感じのお陰で、子供っぽすぎず実はママにもぴったりなアレンジ方法だったりします。

ですが自分でやってみたら、がっちがちで固い見た目の仕上がりになってしまった・・・なんて事はありませんか?ご心配なく、ちゃんと木村さんはルーズおだんごアレンジも紹介してくれていますよ。

ラフに見えるポイントは、2回に分けて巻きつけるおだんごと後れ毛の出し方。特に後れ毛の出し方は動画だとかなり分かりやすいです!

だんだん暑くなってくるこれからの季節にピッタリのアレンジ法なので、ロングヘアのママは動画を見て練習してみては?

アレンジ動画を見る

5.大人にも似合う!キュートツインテールアレンジ

こちらはまとめ髪やおだんごヘアーにちょっと飽きてしまった人向けのツインテールアレンジ。

「え!?ツインテールなんて子供向けじゃないの?この年でやるなんて・・・」と思ったかもしれませんが、木村さんが載せている写真は全然子供っぽくない仕上がりなんです!

髪の毛を2つに結ったあとにくるりんぱを行い、余った毛先を再度結いてもう一度くるりんぱ。あとは毛束をうまく出してこなれ感を出せば少しキュートなツインテールアレンジの出来上がりです。ちょっとの工夫でツインテールも雰囲気が全く変わってきますね!

女の子がいるママはお子さんとお揃いでこのヘアアレンジをして親子コーデを楽しむのもいいかもしれません。

6.くるりんぱを3つ作って仕上げるハーフアップボブアレンジ

使用許可取済画像

子育てをしていると何かと長い髪の毛は邪魔になりがちだから・・・という理由でボブヘアにしているママも少なくないと思います。

ボブヘアにしていると結ばなくても済む分アレンジもせず毎日おんなじ見た目になりがちです。ですがボブヘアでも簡単に見た目を変えられるアレンジ法が色々あるんですよ。

こちらはボブのハーフアップアレンジ。頭の後ろ部分に1つ結び目を作ってくるりんぱした後に、サイドで更に同様の物を1つずつ作りそちらもくるりんぱ。あとは全体的に毛束を整えれば完成です。

3箇所でくるりんぱをすると一気に華やかさが増しますね!立体感も増して女性らしさが感じられます。

クラスのランチ会や保護者会など、ちょっとおめかしをして出かける時に重宝しそうなアレンジ法ですね。

アレンジ動画を見る

7.ボブヘアーでも大胆イメチェン!シニヨンアレンジ

こちらはイメチェン効果抜群なシニヨンアレンジです。シニヨンはロングヘアの人向けのように思いがちですが、木村さんはボブヘアーでもアレンジしています。

手順はハーフアップに結んだ毛先を内側に入れ込みピンで留めた後、襟足をねじって留め、残った両サイドの毛をそれぞれ三つ編みしてからピンで留めるというもの。

アレンジ後は肩まである髪の毛の長さが首筋が見えるくらいまでになるので、かなりのイメチェンになります。すっきりとした感じになりつつ両サイドの三つ編みがアクセントになっていていいですね!

ボブくらいの髪の長さだと横に広がり頭全体が大きく見えてしまいがちですが、このアレンジ法なら小顔効果も期待できそう!流行りのビッグシルエットコーデとも相性が良さそうです。

隙間時間を使ってヘアアレンジをしてみませんか

いかがでしたか?どのアレンジ方法も使うアイテム数はわずか且つ時間もあまりかからないものばかりなので「やってみたい!」と思えたのではないでしょうか。

普段あまりヘアアレンジをしない方には1〜2度見ただけでは難しいと感じるものもあるかもしれません。

ですが木村さんは動画・静止画両方で紹介しているので、是非繰り返し見て練習をする事が可能です。

日々の生活中、隙間時間をちょっぴり自分の為に使って気分も見た目もリフレッシュできるヘアアレンジを楽しんでみましょう!

木村達沖さんインスタグラム

木村達沖さんYou Tubeチャンネル

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!