監修:鈴木さや子 さん

共働き夫婦、財布は一緒にすべき?別管理でOK?

夫婦共働き世帯は、そうでないケースと比較して、夫婦間で財布を別にする割合が高いように思います。自分が稼いだお金を自分で管理するのは当たり前にも感じられますが、「お金を貯める」という視点からはどうなのでしょうか。夫婦共働き家計管理は一括管理がよいのか、それとも別管理でもよいのか、ファイナンシャルプランナーとしての観点からアドバイスします。

プレミアム記事

PIXTA

財布のひもを握るのは妻が主流?

世間の夫婦は家計管理をどのように行っているのでしょうか。明治生命の「家計」に関するアンケート調査によると、一方のみ就労、いわゆる片働き世帯では69.3%が「家計管理を行っているのは妻」で、「家計を別々にしている」という割合は9.2%にとどまります。

しかしフルタイムの共働き世帯では、妻が家計管理している割合は51.7%に低下し、その分「家計を別にしている」割合は28.8%に跳ね上がります。夫婦のうちどちらかが家計を管理するならば、多くは妻がその役割を担うようですが、フルタイムの共働き世帯では約3割が財布を別にしていることが読み取れます。

執筆者作成

収入源が一つならば、財布は一緒のほうが合理的。わざわざ分ける手間が無駄ともいえるからです。しかし共働きは、そもそも入口が二つのため、そのまま別に管理する人が多いのかもしれません。

「夫婦で別財布」と「夫婦合わせて家計管理」それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

「夫婦で別財布」のメリット・デメリット

買い物 amana images

共働きで多い「夫婦で別財布」ですが、仕事のモチベーションアップや、相手に干渉されずに気持ちよくお金を使える点がメリットです。

例えば子供の洋服を買うシーンでも、家計の財布ではなく自分の財布から出す方が、着せたい服を選びやすいもの。同じ出費でも自分の懐から負担する方が、自由度も納得感も大きくなりますよね。

逆にデメリットとして、夫婦それぞれのお小遣いが多くなりやすい点や、お互いの貯蓄額を把握できない点があげられます。しかし、今後子供の教育費などがかかっていく中で、将来的に資金が不足する可能性があるとしたら大変です。

早い段階で資金不足が分かっていれば対策がとれたのに、お互いに楽観視していたために事態が深刻化してしまった、というケースも多いのです。

別財布の場合は、可視化を意識しよう

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「共働き」「家計管理」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!