ママの「あるある」が連発。人気インスタ漫画家7人が「#ママリ使ってみた」に挑戦

インスタグラムのママリ公式アカウントでは3/18まで『第2回ママリ漫画大賞』を開催しています。妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ「ママリ」を使った体験を漫画やイラストにして投稿する本キャンペーン。「ママリ」を使って出産のイメージを膨らませたり、育児の方法を相談したりと、活用方法は人によってさまざま。先輩ママたちはどのようなシーンで「ママリ」を活用しているのか、楽しい漫画やイラストを見ていきましょう。

第2回ママリ漫画大賞を開催中!「ママリ」での体験を漫画に♡

ママリの公式インスタグラムでは、現在『第2回ママリ漫画大賞』を開催中です。このキャンペーンでは、妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ「ママリ」を使った体験漫画、イラストを投稿していただいています。

すでに投稿していただいた作品は、どれも個性的で楽しいものばかりです。今日は作品の一部をご紹介します。

第2回ママリ漫画大賞の詳細はこちら

ママリアプリは私達の強い味方

Ⓒchicchi.diary

妊娠中「ママリ」の愛用していたというchicchi.diaryさん。中でも出産報告カテゴリを頻繁にチェックしていたそうです。出産報告カテゴリとは、陣痛が来てから赤ちゃんが生まれるまでの様子や、赤ちゃんと対面した感動的な記録が投稿される場所。初めて出産を迎えるママにとっては、とても参考になるカテゴリーなんです。

赤ちゃんが毎日誕生し、ママたちが喜び合う様子にアプリの中で触れることができると、顔の見えないたくさんの「仲間」がアプリの中にいるようにと感じられますよね。

@chicchi.diaryさんのインスタグラム

子育ての「これで良いの?」はママリで相談(1/3)

Ⓒstreobook

子育てに正解はないものですが、streobookさんのように「これで良いのかな…?」と思うことはたくさんありますよね。食事のこと、子供の性格のことなど、中には友人には直接聞きにくいこともあるでしょう。

そのような実生活で聞きづらい相談ができる場所として、ママリを活用していただいたようですね。

あふれてくる仲間意識…!(2/3)

Ⓒstreobook

「ママリ」を使ううちに、アプリ内のママたちに仲間意識を持つようになっていったというstreobookさん。漫画の中の投稿例は、本当に「わかる!」と口に出してしまうような質問ばかりで、悩んでいるのは自分だけではないことに勇気づけられますね。

また、悩み相談以外に、ファッションコーデや育児に関する記事が読めるコーナーがあるのもうれしいポイントです。おしゃれなファッションインスタグラマーさんを参考にしたコーデ記事など、季節ごとに楽しむことができます。

「おねしょ」「トイトレ」の悩みを読んで背中を押された(3/3)

Ⓒstreobook

おねしょやトイトレに関する相談は、ママ友には話しにくいという方もいるかと思います。streobookさんは、ママリの中で他のママがおねしょやトイトレに関する相談をしているのを見て、背中を押されたとのこと。

「自分で質問する勇気が出ない」というママは、まずは他のママの質問を検索して読んでみるのもおすすめです。自分と似た悩みを抱えた方へのコメントを見るだけでも、まるで自分がアドバイスをもらったかのように、悩みが軽くなるかもしれませんよ。

@streobookさんのインスタグラム

大変なのはウチだけじゃない

Ⓒ4comapic

アプリ「ママリ」の中に生活のリアルを見たという4comapicさん。子育てや夫婦関係での悩みはつきものですが「ママリのみんなも"色々"頑張っている」と思うとご自身も頑張ることができると感じたようです。

しかし、その「色々」の中にまさか自分が入っているとは、まったく感じていないご主人。これからも「ママリ」で相談することはたくさんある予感がしますね…。日々のモヤモヤしたこと、たくさん投稿してくださいね。

@4comapicさんのインスタグラム

一人じゃないと思った

Ⓒmiruta_ovo

働くママたちは毎日大忙し。子育てで気がかりなことがあっても、なかなか誰かに相談する時間は取ることができないかもしれません。しかし「ママリ」なら通勤の合間を使って、電車の中で簡単に育児相談ができるんです。

手のひらの上で手軽に悩み相談ができて「一人じゃない」と感じさせてくれる「ママリ」は、働くママの味方ですね。

@miruta_ovoさんのインスタグラム

共感できる場所があるから、頑張れる

Ⓒmi.sa.3

お子さんを寝かしつけたあと、布団の上で「ママリ」を使ってくださっているmi.sa.3さん。一人のママの悩みに対して時には「わたしも!」と共感しあい、時には「頑張ったね」と認めあうことができる「ママリ」という場所に元気づけられたそうです。

ママたちの悩みの中には、正解がなく、誰かに気持ちを吐き出したいけれどその出し先が見つからないような種類のものもあるでしょう。そんな悩みを抱えたときは、「ママリ」の仲間とその思いを打ち明けてみてください。きっと共感してくれる相手がいるはずです。

@mi.sa.3さんのインスタグラム

育児の戦友と出会える

Ⓒtakepoooon

友達は頼りになるものの、それぞれに環境が違うからこそ「こんなことを相談してよいのかな…」と悩むものです。顔も声も知らないママたちが集まる場だからこそ、気兼ねなく質問できることは「ママリ」の大きな利点です。

ちょっとした愚痴でも、勇気を出して投稿すれば「頑張って!」「大丈夫」というコメントが集まり元気づけられることと思います。家族の中で頑張る女性同士だからこそつくることができる温かいコミュニティに、きっとあなたも癒されるはずです。

@takepoooonさんのインスタグラム

近い存在ではないから、相談できることがある

Ⓒuchinokoto.y

子供の成長と共に、近所にママ友ができることもあるでしょう。しかし、たとえばお金の話などはデリケートなテーマで、簡単に自分のことは話すことはできませんし、相手の事情も聞きづらいものですよね。

「ママリ」は匿名アプリだからこそ、そのようなときでも正直に悩み相談をすることができます。回答側のママも匿名のため「年収は◯万円で、保険は月に◯万円かかっていて…」など、詳しく答えてくれる方がいてとても参考になると思いますよ。心配になったことはなんでも、気軽に相談してくださいね。

@uchinokoto.yさんのインスタグラム

もっと作品を見たい方は「#ママリ漫画大賞」をチェック!

漫画家さんたちの十人十色の「ママリ体験」いかがだったでしょうか?

もっとたくさんの体験漫画を読みたい方は、インスタグラムの「#ママリ漫画大賞」をチェックしてみてくださいね。ほかにもたくさんの楽しい作品が投稿されていますよ。

体験漫画をもっと読みたい

アプリのダウンロードはこちらから

今回の漫画をみて「ママリ」を使ってみたい!と思ってくださった方は、以下のリンクから無料ダウンロードして、使ってみてください。あなたの妊活、出産、育児の悩みもラクになりますように。

iPhone版はこちら

Android版はこちら

「ママリ」「漫画」「インスタ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧