監修:鈴木さや子 さん

ゼロからお金を貯めるなら「100万円」を目指すべき3つの理由

子供の教育費やマイホーム購入などを考えると、今のうちから貯金の習慣はつけておきたい。でもなかなか続かず、貯金ゼロを脱出できない…。そんな方にこそおすすめなのが、貯金の目標を「100万円」とすること。一見無謀に思えるこの金額がなぜ良いのかを、ファイナンシャルプランナーが解説します。

プレミアム記事

PIXTA

貯金の習慣をつけるには目標をはっきりさせることが重要

金融広報中央委員会の調査によると、預貯金など金融資産を持っていない世帯(二人以上の世帯)の割合は20代で45.3%、30代で31%、40代で35%にのぼります。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2016年/平成28年)より

20代後半から30代、そして40代は、結婚や出産といったライフイベントが集中して支出が増える時期。そんな中、貯金がないのは仕方ないのかもしれません。

しかし結婚・出産の後、多くの家庭では、子供の教育費やマイホーム購入などの出費が控えています。いざ出費が発生したとき、貯金がないために希望が叶えられない…そのような事態は避けたいものですよね。

自分たちの未来のためには目標意識を持ち、貯金に取り組むことが大切です。

出典元:

貯金初心者におすすめの目標額は「100万円」

100万円 PIXTA

お金を貯めようと思ったとき、ライフプランにもとづいて目標額を設定するのが理想です。教育費やマイホームの頭金、老後資金など、何にいくら、いつまでに必要なのかを考えた上で貯金のプランを立てるわけです。

しかし、これから子供が生まれる、あるいはまだ子供が幼いうちはライフプランが定まりにくいもの。将来、教育費がどれくらい必要なのかの見通しを立てるのは難しいでしょう。「オール公立で」などと考えていても、実際にその通りにはならないこともあるでしょう。

貯金ゼロから習慣をつけたい、けれど明確にいくら貯めればよいかわからない。そんな方におすすめなのが「100万円」という金額です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「貯金」「100万円」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧