元・歌のお兄さんが思い出す、在任8年間でわが子の成長を感じた瞬間

1985年から8年間、NHK『おかあさんといっしょ』で歌のお兄さんとして活躍した坂田おさむさん。同番組を卒業後も『公園にいきましょう!』『ありがとうの花』『タンポポ団にはいろう‼』など、番組を代表する楽曲を提供し続けています。歌のお兄さんになる前はフォークソングやロックを歌うシンガーソングライターだった坂田さんが子供の歌を作り続ける理由や、歌のお兄さん就任当時3歳だった娘さんの子育てエピソードを聞きました。

プレミアム記事

『ありがとうの花』など作詞作曲、坂田おさむさん

NHKの人気番組『おかあさんといっしょ』に楽曲を提供している、シンガーソングライターの坂田おさむさん。坂田さんは同番組の7代目歌のお兄さんでもあり、ママたちの中には当時『おかあさんといっしょ』で観ていた方もいるでしょう。

歌のお兄さんに就任した当時、坂田さんは3歳の女の子のパパでした。子育てをしながら歌のお兄さんとして活躍し、現在まで30年以上も子供のための歌を作り続ける坂田さんに、子育てや作詞作曲への思いを聞きました。

テレビでは「歌のお兄さん」、自宅では「パパ」

取材先より許可取り済み Ⓒ坂田おさむ

――1985年の歌のお兄さん就任時、すでにお子さんがいたそうですね。

そうなんです。当時3歳の娘がいました。

もともと僕はシンガーソングライターとして活動していて、フォークやロックなどいろんなジャンルの曲を作って、歌っていました。結婚して娘が生まれて、彼女をモデルにした『はるのかぜ』という曲ができてね、『おかあさんといっしょ』に持ち込みをしたんです。この曲がきっかけになって、NHKに出入りするようになりました。何度かスタッフの方とお話をする中で「今度歌のお兄さんのオーディションをするんだけど、やってみないか」と言われてね。思い切ってオーディションを受けたんですよ。

子供がいることは秘密だったわけではなく、スタッフの方もみんな知っていたんだけど、視聴者はそうは思わなかったかもしれないよね。今の歌のお兄さんにある「恋愛禁止」のイメージからしたら、珍しいだろうね。

「私のパパは歌のお兄さんなんだよ」幼稚園で自慢のパパ

――娘さんは『おかあさんといっしょ』を見て、どんな反応でしたか?

娘は、僕の前に卒業したお兄さんが好きだったので、就任して最初の放送はそんなにうれしそうじゃなかったみたいです…。僕は仕事で一緒に見られなかったんだけど。

でも、幼稚園に通うようになると友達に「私のパパは歌のお兄さんなんだよ」なんて、自慢していたみたいですね。仕事終わりに家に帰ると、娘と友達が数人待っていて「ほら、本当に歌のお兄さんでしょ?」って、娘が僕を自慢気に指さしたことがあります。その日は疲れていたんだけど、さすがに子供たちを放って休むわけにもいかず、一緒に一曲歌いましたよ。娘にもメンツがあるでしょうから、それをつぶすわけにはいきませんでしたね。

娘がテレビの中の子供たちに「やきもち」

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「坂田おさむ」「おかあさんといっしょ」「歌のお兄さん」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧