梅、立春、節分…2月生まれのイメージによる名づけアイデア

生まれ月のイメージから名付けをする場合は、その月から連想するキーワードを出していくとよいでしょう。2月の場合は、梅、立春、節分など、春の足音をイメージするキーワードが出てくるのではないでしょうか。この記事では、命名研究家の牧野恭仁雄(まきのくにお)さんがおすすめする、2月をイメージした名づけアイデアを紹介します。

プレミアム記事

2月をイメージする名づけアイデア

2月には、節分、立春、建国記念の日などのイベントがあります。まだまだ寒さは厳しいものの、梅の開花が見られたり、木の芽がふくらんだりと、季節は確実に春に向かっていく時期です。

2月から連想されるものごとをヒントに、赤ちゃんの名づけをしましょう。

立春

節分の次の日は立春と呼ばれます。春が立つ、と書くように、季節が春に移り変わっていくことがイメージできますね。

「立」と「春」は、どちらも名づけに向いた漢字です。

男の子

立貴(たつき) / 立輝(たつき) / 立季(たつき) / 立紀(たつき) / 立樹(たつき) / 立之(たつゆき) / 立也(たつや) / 立哉(たつや) / 立馬(たつま) / 立真(たつま)

女の子

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「名づけ」「イメージ」「2月生まれ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!