年収600万~799万円、妻が時短勤務の世帯が家を買うためにすべきこと

年収600万~799万円の共働き(妻は時短勤務)世帯で家を買うなら、購入価格帯はどの程度でしょうか。共働きで手堅い収入があるこの世帯なら、住宅購入自体は問題なくできるでしょう。ただし、ダブルインカムに頼りすぎる家計の回し方には注意が必要です。物件の購入価格の目安や借入金額を具体例でご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

年収600万~799万円で、いくらくらいの家を買える?

年収600万~799万円と一口でいっても、家族構成や年齢はさまざまです。ここでは次のようなモデル世帯で考えていきます。

家族 3人 赤ちゃん PIXTA

夫:手取り年収480万円 29歳
妻:手取り年収220万円 25歳(正社員だが、現在育休中。子が1歳で時短勤務にて職場復帰予定)
子:1人(0歳代)

Ⓒママリ

上記の計算式をもとにすると、以下のような試算結果が出ます。

Ⓒママリ

手取りの世帯年収700万円の世帯で、年収の半分(350万円)の頭金を準備すると、4,277万円までの家を購入することができそうです。ただし、これは「2017年度フラット35利用者調査」による平均的な借り入れ倍率(年収の6倍)を参考にしたモデルケースです。

モデルケースの世帯では、ママが時短勤務で復帰し、いずれフルタイムになれば年収が増える見込みです。しかし、復帰後は保育料の負担が増え、フルタイムに戻れる時期は現時点ではわからないでしょう。そのため、試算では育児休業給付金(220万円)を元に借入金を計算してあります。

子育てが始まって環境が変わった中でも共働きを続けられるか、あるいは子供の教育費で支出が増えても返済できるかなどを考慮して最終判断をしましょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

おすすめ記事

「マイホーム」「年収600~799万円」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧