1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 感染者11人に1人は妊婦。妊娠中の「梅毒」感染に注意【医療監修】

監修:清水なほみ

感染者11人に1人は妊婦。妊娠中の「梅毒」感染に注意【医療監修】

性病には、クラミジアやカンジダなど様々な種類があります。その中の一つでもある梅毒の患者数は年々増加傾向にあり、妊婦の感染も報告が出ているのをご存知でしょうか。梅毒の母子感染は、死産や早産、新生児死亡、先天性梅毒のリスクがあります。今回は、梅毒の感染経路や予防方法についてご紹介。これから妊娠を予定している方や、すでに妊娠中の方は、梅毒に感染しないためにパートナーを含めて理解を深めておきましょう。

amana images

梅毒症例1,117例のうち、106例は妊婦

国立感染研究所によると、2019年の第1週から第26週の約6ヶ月間に、届け出があった女性の梅毒症例は1,117例に。そのうち妊娠しているとされる症例は106例でした。

梅毒に感染している妊婦106例のうち、中でも多いのは、性風俗産業従事歴のない20代後半から30代前半の女性で、感染源が男性パートナーである可能性があると示唆しています。

梅毒の母子感染は死産や先天性梅毒のリスク

梅毒の症状はさまざまで、中には無症状の場合もあるため、本人が気づいていないうちに感染している場合も。

妊娠中に梅毒に感染すると、胎盤を通じて胎児にも感染し、死産や早産、新生児死亡、先天性梅毒を発症するリスクが伴います。

出典元:

梅毒はコンドームで防ぎきれない性病

悲しい 日本人 PIXTA

梅毒は、主に性的な接触によってうつる感染症。感染者と性的な接触がない限り、感染の可能性はありません。感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触。具体的には下記になります。

  • 膣(ちつ)性交
  • 肛門性交(アナルセックス)
  • 口腔性交(オーラルセックス)

梅毒は、対策としてコンドームを着用していたとしても100%の予防にはならず、アナルセックス(肛門性交)やオーラルセックス(口腔性交)でも感染する可能性が高いのが特徴です。

自分だけ、相手だけが治療しても再感染する可能性があるので、パートナーも含めて完治させることが重要です。

出典元:

予防には、パートナーも含めた定期的な検査を

検査 日本人 PIXTA

先天性梅毒は、妊娠中でも早期に診断および治療を行うことで防げる疾患。

妊婦は、基本的に妊娠初期の血液検査で梅毒の検査が行われるので、検査時にすでに感染している人はすぐにわかります。しかしパートナーの検査はなく、妊娠初期の血液検査後にパートナーから感染してしまう可能性もあります。

万が一の場合に備えて、パートナーにも自分で病院を受診し血液検査をしてもらいつつ、梅毒に感染した際のリスクを共有していきましょう。妊娠中の性交渉の際には、オーラルセックスも含めて毎回必ずコンドームを使用し、感染には十分注意してください。

出典元:

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ

通常の婦人科診療のみならず、最新の脳科学×心理学×医学を統合的に駆使した診療を行う婦人科医。日本で100名しか習得者がいない、トランスフォーメーショナルコーチのテクニックを学び、診療の現場においても、3年間で延べ6000人の患者に同テクニックを用いて診療を行っている。
中学時代のいじめや研修医時代のうつ経験から、「病は気から」を科学的に解明するための研鑽を積む。何気ない会話の中で患者に気付きを与え、片頭痛やイライラをあっさり「忘れさせる」診療には定評がある。5分で病気の「本当の原因」を見抜くため、患者からは「先生は占い師ですか!」と驚かれる。

おすすめ記事

「梅毒」「性病」「妊娠中」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧