2度の流産、後悔から立ち直れた理由 | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。#5

「産まないことは正義!」と思っていた女性がわが子に出会うまでを描いた『産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。』。第5章は、主人公が経験した2度の流産から、3度目の妊娠をするまでのエピソードです。悲しい経験をしながらも、夫と支え合いながら前向きに歩んでいく姿が描かれています。(※流産に関する描写が含まれています)

この作品は『産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。』の第5章です。第1章、第4章は以下のリンクからお読みいただけます。(第2~3章は書籍でお楽しみください)

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

書籍の購入はこちらから

続きの第6章は以下のリンクからお読みいただけます。

出産直後に脳内で起きた「ビッグバン」 | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。#6

関連記事:

出産直後に脳内で起きた「ビッグバン」 | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみ…

「産まないことは正義!」と思っていた女性がわが子に出会うまでを描いた『…

おすすめ記事

「子育て」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧