子なしか離婚。夫の選択は? | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。#1

「産まないことは正義!」と思っていた女性がわが子に出会うまでを描いた『産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。』。第1章は、子どもが欲しい夫と、子どもは生まないと決めている主人公のすれ違いから、ある決断をするまでのエピソードです。「わたしは子どもを産んじゃダメ」と思い続けていた主人公の考えを変えたのは、夫のある一言でした。

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

ⓒ幻冬舎

書籍の購入はこちらから

続きの第4章は以下のリンクからお読みいただけます。(第2章、3章は書籍にてお楽しみください)

「決めつけ」と決別、産みたい自分へ | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。#4

関連記事:

「決めつけ」と決別、産みたい自分へ | 産んじゃダメだと思ってた、産んでみた…

「産まないことは正義!」と思っていた女性がわが子に出会うまでを描いた『…

おすすめ記事

「子育て」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧