豚丼がレンジで作れる!4ステップで完成、火を使わない絶品レシピ【ママリオリジナル】

毎日の食事作りは、何を作るか悩んだり、手間がかかってしまったりすることもありますよね。できるだけ調理時間を短く、簡単に済ませたいもの。今回は火を使わず、電子レンジだけで調理が完了するレシピを工程とともにご紹介します。簡単なのに絶品で、家族みんなが満足してくれること間違いなし。アレンジアイデアも紹介していますので、ぜひお好みの味を楽しんでみましょう。

©kira_z07

レンジだけでOK!パパッと簡単、あっと言う間にできるレシピを紹介

今回は、電子レンジだけで調理が完了する「豚丼」をご紹介します。

電子レンジを使うことで火加減を気にすることなく作ることができるうえ、フライパンを使わないぶん洗い物も少なく済みますよ。難しい工程も一切ないので、料理が苦手な方やにもおすすめ。早速見ていきましょう。

材料(約3人分)

©kira_z07

  • 豚こま肉:300g
  • タマネギ:1/2個
  • しょうゆ:大さじ2と1/2
  • 砂糖:大さじ2
  • 酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • ニンニク:適量
  • ごはん:丼2〜3杯分
  • 刻みネギ:適量

調理手順(全4ステップ)

それでは、写真と共に調理工程を紹介していきます。

1. 具材をカットし、調味料を合わせる

©kira_z07

豚こま肉は食べやすい大きさに切り、タマネギは薄切りにします。

しょうゆ、砂糖、酒、みりん、ニンニクを同じ容器に入れて混ぜ合わせておきます。今回、ニンニクはチューブタイプのものを使用。

2. 具材と調味料を合わせて電子レンジで加熱

©kira_z07

耐熱容器に1の豚こま肉とタマネギを広げるようにして乗せ、2の調味料を全体に回しかけます。ふんわりとラップをして、600wの電子レンジで4分間加熱します。

3. 1度取り出して再加熱

©kira_z07

1度取り出し、火の通りにむらができないよう混ぜ合わせ、再び電子レンジに戻して600wで3分間加熱。

電子レンジの機種によっては火の通り方が異なるため、ようすを見て加熱が足りなければ延長するなど調整してください。

4. 盛り付けて完成

©kira_z07

丼ぶりにごはんを入れ、その上に3を盛り付けます。仕上げに刻みネギをのせたら完成です。

+αでもっとおいしく!豚丼アレンジ3選

そのままでも十分おいしい豚丼ですが、プラスすることでさらにさまざまな味を楽しめるアレンジ技も合わせて紹介。

同じ豚丼でも、また違った味わいを楽しめますよ。ぜひお試しください。

1.温泉卵でとろ~りレベルアップ

©kira_z07

コクのある風味ととろりとした食感がたまらない温泉卵は、豚丼とも相性ばっちりです。たれが絡んだ豚肉とごはん、卵を絡めれば箸が止まらない味わいに。

今回は、温泉卵にノリと黒ゴマ、チーズを使って顔を付けてみました。ほっぺたはケチャップです。

2. シャキシャキとした歯ごたえが楽しい!キムチでスタミナアップ

©kira_z07

子どもたちと毎日一緒に食事をしていると、辛いものは避けてしまうことも。そんなときは、トッピングで味わってみませんか?

豚肉と相性抜群なキムチをプラスし、スパイシーな味わいに。一味唐辛子を追加するのもおすすめです。

3. 大葉でさっぱり爽やかに

©kira_z07

刻んだ「大葉」をたっぷりトッピングするのも、また風味に変化があっておすすめ。

大葉の爽やかな香りが口全体に広がり、さっぱりとした味わいに。さらにゴマを足すと香ばしさが増して、ますますおいしくなりますよ。

電子レンジを活用し、おうちごはんを簡単に

©kira_z07

忙しい毎日、食事作りにかける時間も限られていますよね。

今回紹介した電子レンジで作る豚丼は、時間の無い日はもちろん、すき間時間で作り置きにもよいですよ。豚肉部分を調理しておき、冷蔵庫にストックしておけばすぐに食卓へ出せます。

今回は豚こま肉を使いましたが、豚バラ肉を使うとよりジューシーに。アレンジ次第でおいしさの幅もぐっと広がります。お気に入りの食べ方で、おうちごはんを楽しんでくださいね。

おすすめ記事

「レシピ」「レンジ」「豚丼」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧