1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. 「母親の自覚がない」と嘆く声に反論、スカッとする名言も|ふわふわハム美さん#8

「母親の自覚がない」と嘆く声に反論、スカッとする名言も|ふわふわハム美さん#8

子育てに悩む母の味方、ハムスターのハム美さん。今回は、親世代と現役ママを前に「母親の自覚」について語ります。長期出張中から一時帰宅したパパに子どもを任せ、美容院に向かおうとするまみに向けられた「母親の自覚がない」という言葉。それを聞きつけたハム美は女性の背後に立ち…。「ふわふわハム美さん」どうぞお楽しみください。(ふわふわハム美さんは10月5日~10月9日まで毎日、よみものタブにて掲載します)

登場人物

ⓒママリ

  • ハム美:ハムステルマンションの住民。6匹の子を育て上げた母ハム。趣味は砂風呂。好きな食べ物はせんべいとヒマワリの種
  • まみ:9か月児の新米母、夫は長期出張から一時帰宅中。
  • おばさん達:ハムステルマンションの住民。孫がいる。エントランスで噂話をするのが日課。

第8話:「母親らしい」って何?

ⓒママリ

ⓒママリ

ⓒママリ

母親は役割、あなたはあなたです

「母親になったから、母親らしくならないと」と無意識に思っていませんか?また、周囲もあなたに「母親らしさ」を求めるようなことを言うかもしれません。でも、母親は役割の一つであって、あなたはあなたのままです。

子どものお世話をする役割は、母親だけが担うものではありません。父親も、祖父母などの家族も、また行政や民間の託児サービスもみんな「子どものお世話をする役割」です。母親であるあなたが、パパや祖父母などに子どもを任せて出かけることは、何もいけないことではありませんよ。

あなたが息抜きをしたり、自分の疲れを癒やしたりすることは、とても大切なことです。「母親らしく」などという声に気負いすることなく、ときには自分だけの時間を持ってくださいね。

「ふわふわハム美さん」バックナンバー

イラスト:すやすや子

おすすめ記事

「母親」「漫画」「育児」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧