1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. 芸能人・有名人
  4. 第二子妊娠を発表、あいのり桃の夫が実感しているパパの役割

第二子妊娠を発表、あいのり桃の夫が実感しているパパの役割

アメーバブログパパ部門のランキングで常に上位にランクインしているしょうくん。あいのりに出演していた桃さんの夫としても知られています。生後7か月の男の子・たろくんを育てており、パパとしての日々がつづられたブログが人気で、一緒に暮らす2匹の猫の写真も癒やされると話題を呼んでいます。先日、桃さんの第二子妊娠が発表され大きな反響がありました。妊婦の桃さんとまだ幼いたろくんとともに過ごしているしょうくんが考える「パパの役割」とは一体どんなものでしょうか。しょうくんの優しさが垣間見えるブログをご紹介します。

©Ameba

ママリ編集部様へ

大見出し2は指示が抜けていたためそれっぽい見出しをつけましたが、支障があれば適宜変更していただけますと幸いです

来年5月に第二子が生まれる予定

桃の旦那の しょう です。

桃のお腹には
新しい命が宿っています。

現在、妊娠5ヶ月。
安定期に入ったことを機に、
今回、ご報告させていただいた次第です。 ※1

桃さんと同時に妊娠報告のブログを更新したしょうくん。桃さんはブログで、自身の年齢のことなどを考慮して早めにきょうだいが欲しかったと語っています。偶然にも長男であるたろくんと生まれ月が同じになるかもしれないとのことで、もしかしたらきょうだい一緒の誕生日になるかもしれませんね。

桃さんもしょうくんも待ち望んだ第二子妊娠。たろくんも母乳からミルク育児に切り替え、家族みんなで乗り越えているようです。

長男のことも桃さんのこともしっかりサポートしていきたい

©Ameba

夫の立場から見ても、妊婦生活は大変なものです。

日毎にお腹は大きくなり、時には悪阻があって。
これからは動くことすら大変になるだろうし、
最終的には、壮絶な出産が待っています。

それらを一手に引き受けてくれる、
桃には本当に感謝しかありません。

ありがたがるだけでなく、僕は僕で、
桃がマタニティライフに集中できるよう
彼女のサポートやケア、諸々を頑張ります。 ※2

つわりにマイナートラブル、そして妊娠後期のおなかの重さ。妊婦生活は楽しいことばかりではなく、ときにはつらい痛みに耐えなければならないこともあります。周囲の大人がその重みや痛みを交代できるわけではないので、ただ見守るしかないもどかしさを抱えている方もいるでしょう。

桃さんが桃さんが赤ちゃんのことに集中できるよう、息子さんや猫ちゃんのお世話やサポートを頑張るとつづっているしょうくん。普段から積極的に育児に関わっており、桃さんがたろくんのお世話を安心して任せられる体制があるようです。

ミルクタイムはパパにとって大事な時間

©Ameba

残念ながら、僕の乳首は
なんのファンクションも持たない
ただのデコレーションに過ぎない。

けど、こうやってミルクをあげてると、
デコ乳首の男の僕にだって、もしかしたら
母性が備わってるのかも、なんて思っちゃう。

そんくらい、
ミルクタイムは、僕にとっても、
たろにとっても、大切な時間だと感じてます。 ※3

妊娠が判明したあと、医師の指導により母乳からミルク育児に切り替えた桃さん。ミルク育児になったことでしママ以外の人もミルクを与えられるようになり、しょうくんは自らの腕の中でミルクを飲むたろくんの重さ、あたたかさを堪能しているようです。腕の中でこくこくとミルクや母乳を飲む赤ちゃんのようすは本当にかわいらしいですよね。

しょうくんは2人目が産まれても、上手に役割分担して育児をこなしてくれそうです。これからの桃ファミリーも目が離せませんね!

パパから見た育児ってこんな感じ。あいのり桃の夫「パパになって気づいた自分の変化」

関連記事:

パパから見た育児ってこんな感じ。あいのり桃の夫「パパになって気づいた自分…

恋愛バラエティー番組「あいのり」に参加した人気ブロガーの桃さんの夫、し…

「育児をコンビニ経営にたとえると…」ヤバすぎ!バブリーたまみさんの言葉にママから共感の嵐

関連記事:

「育児をコンビニ経営にたとえると…」ヤバすぎ!バブリーたまみさんの言葉にマ…

ママエンターテイナーであるバブリーたまみさんは2児の母。「ママの笑顔がい…

おすすめ記事

「育児」「あいのり桃」「しょうくん」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧