1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. なんで結婚したんだっけ?孤独感で心がボロボロ『私の産後クライシス』

なんで結婚したんだっけ?孤独感で心がボロボロ『私の産後クライシス』

女性は出産を機に心身が激変し、加えて生活リズムも子ども中心に転換せざるを得ません。一方、今までと同じ生活を送ろうとする夫は育児に対し積極的な意識改革がされないまま。結果的に夫婦の間に大きな溝ができる「産後クライシス」が生じるようです。雨(@ame33_)さんも産後クライシスを体験した1人。長女妊娠中からの様子を描いた『私の産後クライシス』をダイジェストで紹介します。

©ame33_

出産前の話し合いは意味なかった?

©ame33_

©ame33_

©ame33_

©ame33_

©ame33_

5歳と2歳の娘を持つ雨さんと、真面目で融通がきかない性格の曇さん(以下、夫)夫婦。子どもを持つときには、「まだ若いし遊びたい」という雨さんに対して、「早く子どもがほしい」という夫の間で数々のバトルがあったようです。夫の子どもがほしい理由にも納得いかず、もともと子どもが苦手だった雨さんは不安がたくさん。

話し合いを重ね、「2人でがんばろう」という夫の言葉があり、夫婦は子どもを望むことに。

実際子どもが生まれると、雨さんは子どもをかわいいと感じ、大切に育てていました。しかし夫からは育児への協力が一切なく、雨さんのイライラは募る一方。雨さんの復職も近づくころには夫婦の仲はあまり良いとは言えない状況でした。

子どもに歩み寄った夫だけど、私は孤独のまま

©ame33_

©ame33_

©ame33_

©ame33_

©ame33_

©ame33_

長女の晴ちゃんが1歳を過ぎたころ、今まで育児をしてこなかった夫は、晴ちゃんに抱っこやお風呂、寝かしつけなどを拒否され、ようやく自分がパパとしてヤバいのではないかと思い始めたようです。

自分をかえりみて、ようやく娘と向き合おうとし始めた夫。改善の余地があるのではと思い始めた雨さんは、具体的に家事や育児の指示を出すことにしました。それでも圧倒的に夫婦の会話が足りない中、2人目を妊娠した雨さん。妊娠中は長女と過ごすことが増えて仲が深まった夫でしたが、夫婦の溝は埋まらないまま…。

孤独を感じる雨さんは、何で夫と結婚したのか、それさえもわからなくなってしまいます。

徐々に変わった夫。ここまで長かった

©ame33_

©ame33_

©ame33_

雨さんの話を聞かない夫を、長女の晴ちゃんがいさめてくれることがありました。娘に指摘されてようやく自分の過ちに気付いた夫。それからは少しずつ、雨さんに謝ることが増え、話を聞いてくれるようになったそうです。

まだまだ衝突することはあるようですが、お互いに歩み寄ろうという気持ちがあれば、修復は可能なはず。思っているだけでは気持ちが伝わらないため、言葉にして伝えることも大切だと実感させられますね。

夫婦で話し合うきっかけに!『私の産後クライシス』

漫画は雨さん目線で描かれたものですが、もしかすると漫画外の部分で、夫にも知られざる思いがあるのかもしれません。ただ、夫の思いも、言葉にしないと妻には伝わりません。

夫婦で気持ちを伝えあい、協力し続けるには、雨さんのように諦めずに言葉にすることが大切だと感じますね。こじれた夫婦関係を改善するヒントが学べる『私の産後クライシス』、ぜひ読んでみてください。

身勝手な夫にイラっ!産む前から夫への不満が蓄積中…|私の産後クライシス#1、2

関連記事:

身勝手な夫にイラっ!産む前から夫への不満が蓄積中…|私の産後クライシス#1、2

「産後クライシス」それは出産を機に、夫婦仲が急激に冷え込むことをいいま…

私の産後クライシス
バックナンバー
私の精神的にヤバイのは全てコロナのせい?|産後のメンタルがやばかった#1

関連記事:

私の精神的にヤバイのは全てコロナのせい?|産後のメンタルがやばかった#1

出産後、すぐに始まる赤ちゃんのお世話。特に初めての育児は、慣れないこと…

私ってもしかして産後うつになる?|産後うつを治したら育児が大好きになった話#1・2

関連記事:

私ってもしかして産後うつになる?|産後うつを治したら育児が大好きになった…

「産後うつ」について皆さんはご存じでしょうか?出産した女性にとっては、…

雨(@ame33_)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「産後クライシス」「ワンオペ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧