1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. ワンオペ育児は過酷、子どもの親は私だけ?『ワンオペ育児からの脱出』が夫婦の在り方を描く

ワンオペ育児は過酷、子どもの親は私だけ?『ワンオペ育児からの脱出』が夫婦の在り方を描く

家事と育児と仕事、全部をひとりでこなすのは本当に大変ですよね。だれよりも夫と助け合って頑張りたいと思うもの。3人の子どもを育てながら働くオニハハ。(@onihaha3)さんは、絶賛ワンオペ育児中。夕方仕事から帰ってからの時間は怒涛(どとう)の忙しさです。仕事が忙しい夫に甘えてることはできない、と毎日必死に頑張りますが、それもとうとう限界に。ワンオペ育児を脱出するためにオニハハ。さんがしたこととは?

©onihaha3

©onihaha3

©onihaha3

©onihaha3

育児に仕事、ワンオペじゃもう無理だ…

まだまだ手がかかる小さな子どもたち3人の世話を1人で必死に頑張るオニハハ。さん。夕方帰ってくると、グズる末っ子をあやしながら長男の宿題を見たり長女の話に耳を傾けたりと、大忙し。そしてついに限界が来てしまいます。

子どものように泣き出してしまったオニハハ。さん。そこにようやく夫が帰ってきます。もう無理だと涙ながらに必死に助けを求めますが、夫にはいつもの愚痴のように受け取られ、聞き流されてしまうことに。

どうしたらこの大変さが伝わるんだろう…どうやったら助けてもらえるんだろう…心も体もいっぱいいっぱいになってしまったオニハハ。さんは、どうしたらいいかわからず途方にくれます。

わかってくれたと思ったのに

©onihaha3

©onihaha3

©onihaha3

©onihaha3

限界を超えてしったオニハハ。さんの異変に、ようやく目が覚めた夫。ことの重大さに気づき、今度こそオニハハ。さんの話を真剣に聞いてくれました。夫なりに懸命に家事を手伝い、オニハハ。さんのようすも気にかけてくれるように。

でも、そんなうれしい変化は長くは続きません。日がたつにつれて、夫はまた以前と同じようにゴロゴロするように。このままではまたワンオペ育児に戻ってしまいます。

泣き崩れてしまうまでがまんするのは良くないし、でもこの前と同じような伝え方ではちゃんと届かないかもしれない。そう考えたオニハハ。さんは、どんなアプローチが効果的か作戦を練ります。

思い切ってぶつかってみると

©onihaha3

©onihaha3

ケンカはしたくないけど、必死に伝えないときっと伝わらないと考えたオニハハ。さん。口論になりそうな場面もありましたが、時間をかけて話し合ってみると、夫もオニハハ。さんのことを大切に思っていること、甘えてしまうこともあるけどガマンせずに話してほしいと思っていることがわかり、ホッとします。

今まではひとりで頑張らないといけないと必死になって限界を超えてしまっていたワンオペ育児。でも、ちゃんと向き合ってみると、夫と助け合いながら頑張ればいいんだとわかり、オニハハ。さんの心は軽くなりました。

孤軍奮闘していたオニハハ。さんが、ワンオペ育児を脱出できたのは、夫と向き合い助けを求めたから。

限界を超えてしまったり、何もしない夫に逆戻りしたりということもありましたが、その後も面倒くさがらずに話し合うことで、夫婦にとって心地よい協力体制を作ることができたようです。

うちもワンオペ育児になっているかも…と悩んでいるママは、ぜひ一度読んでみてください。

もう限界。3人育児に追われる日々、突然心が折れた|ワンオペ育児からの脱出#1

関連記事:

もう限界。3人育児に追われる日々、突然心が折れた|ワンオペ育児からの脱出#1

子育ては子どもが1人でも大変。それが3人の子どもがいて、仕事をしながらワ…

夫が泣いてるわが子を放置でゲームをしていた|パパの育児力アップを目指して#プロローグ

関連記事:

夫が泣いてるわが子を放置でゲームをしていた|パパの育児力アップを目指して#…

夫婦で、お互いの気持ちや価値観を理解し合いながら生活していくことは家族…

夫から出た「離婚」の二文字…無責任な夫に爆発寸前 |魚田家の育児今昔物語#13、14

関連記事:

夫から出た「離婚」の二文字…無責任な夫に爆発寸前 |魚田家の育児今昔物語#13…

夫婦といえど、もとは他人。分かり合えないところもあるかもしれませんが、…

オニハハ。(@onihaha3)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「夫婦」「ワンオペ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧