1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「嫌な胸騒ぎを覚えた」深夜0時過ぎ、夜道に現れる黒い影|拉致られそうになった話#2

「嫌な胸騒ぎを覚えた」深夜0時過ぎ、夜道に現れる黒い影|拉致られそうになった話#2

友達と食事に行く約束をしていたぱるる(@palulu_diary)さん。駅の駐輪場にとめた自転車は鍵が壊れてしまい、鍵をかけずに出掛けていました。そして食事が終わり駅に戻るぱるるさん。自転車はあるのでしょうか。『拉致られそうになった話』第2話をごらんください。

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

鍵をかけずに置いて行かざるを得なかった自転車。盗まれるかもとは思っていましたが、駅に戻ると駐輪場にはやはり見当たりませんでした。

午前0時過ぎ、ぱるるさんは家までに15分の道を1人歩いて帰り始めます。しかし道の先には何やら怪しい黒い影が…次回に続きます。

夜道でいきなり体を触られる…恐怖の瞬間|拉致られそうになった話#3

関連記事:

夜道でいきなり体を触られる…恐怖の瞬間|拉致られそうになった話#3

駅に置いた自転車が見当たらず、自宅まで徒歩15分の道を歩いて帰っているぱ…

拉致られそうになった話
バックナンバー

『拉致られそうになった話』の著者であるぱるるさんは、この漫画にこめた思いについて以下のようにコメントしています。

「この漫画は、女性の夜の一人歩きの危険性を知ってもらう為に、私自身の経験を元に描かせて頂きました。私も『まぁ大丈夫かな…』という軽い気持ちで歩いていたらこのような事件に遭遇してしまいました。読者の方も、夜道を歩かなくてはいけない時は、タクシーを使うなど身を守るよう気をつけてもらえればなと思っております。

私も、ケチってしまってタクシーを使わなかったことを後悔しました。今思うとおよそ1,000円で命を守れるのなら安いものだと…。また、帰りが遅くなる時はいざという時に走りやすい靴を履いておくのもいいかもしれませんね。今では人気の少ない夜道は絶対歩かないようにしています。

本来はこんな事件が起きないことが当たり前であってほしいです。しかし、何か起きてからでは遅いので、防犯対策などを通して、少しでも犯罪に遭う方が減れば幸いです」

警察庁は、女性の防犯を目的として『女性のための安全サポートブック』を発行しています。防犯方法についてぜひ参考にしてください。

女性のための安全サポートブック

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘拐未遂#1

関連記事:

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘…

日々、日本のどこかで起きているさまざまな事件…。なかには幼い子が巻き込ま…

夢のマイホームに引越し後、ご近所さんから聞いた思わぬ話|何も盗まれなかった!?空き巣の手口#1

関連記事:

夢のマイホームに引越し後、ご近所さんから聞いた思わぬ話|何も盗まれなかっ…

ワーママとして2人の子どもの育児中のあおば(@ao_ba0524)さん。あるとき、知…

ぱるる(@palulu_diary)さんのインスタグラム

ぱるるさんのブログ「ぱるる絵日記」

おすすめ記事

「漫画」「体験」「恐怖」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事