1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. はじめての子宮頸がん検診、面倒くさいが命取りにならないように定期的に受診を

はじめての子宮頸がん検診、面倒くさいが命取りにならないように定期的に受診を

病院が苦手な方はいませんか。とくに婦人系の検診となるとさらにハードルが高くなり受診をためらうという方もいると思います。今回紹介する漫画は、もちみかん/マンガ(mochi_mikan_0123)さんの『27歳、はじめての子宮頸がん検診』です。どういう検査なのかよくわからなくて怖い、恥ずかしいといった気持ちから検診を受けていない人、迷っている人にぜひ読んでほしい漫画です。

@mochi_mikan_0123

27歳にして初めて産婦人科へ

20代前半から婦人科検診のお知らせをずっと無視し続けたもちみかんさん。27歳になり、友人と世間話をする中で友人はしっかりと検診を受けていることを聞き衝撃を受けます。それまではめんどくさがっていましたが、覚悟を決めて子宮頸がん検診を受けることに。

まずは病院探しで四苦八苦。そして実際に病院で検診を受けるのですが、そこでもまた衝撃を受けることに…。

産婦人科ならではの診察台に衝撃…

@mochi_mikan_0123

産婦人科といえば足をしっかり開く診察台が衝撃ですよね。筆者も初めて産婦人科を受診したときは、なんというところに来てしまったのだろうか、と思いました。なかなか友人とそういう話をする機会がなかったのですが、もちみかんさんも同じように思っていたのだとわかって安心しました。みんな口には出しませんが、同じように衝撃を受ける方もいるのではないでしょうか。

デリケートな部分ですし恥ずかしい気持ちもあります。できるなら女医さんに診てほしいというもちみかんさんの気持ちがよくわかります。しかしなかなか女医さんはいないのが現実かもしれません。そのような葛藤もこの漫画では描かれており、婦人科を受診したことがある方であれば共感できるのではないでしょうか。

恥ずかしいけど、意外と大丈夫!

@mochi_mikan_0123

検診を受けたもちみかんさんの「痛くなくてよかった」という心の声と安堵の表情は、婦人科での検診を悩んでいる方にとって心強い経験談なのではないかなと思います。病院に苦手意識を持っている方もいると思いますし、まして婦人科となるとハードルが高く感じ方もいるでしょう。

検診ではどのようなことをするのか、気になることはたくさんあると思いますが、誰に聞いたらよいのかよくわからないというのが本音ではないでしょうか。

そんなデリケートな女性の検診について、もちみかんさんの素直な感想とともに描かれているこの漫画は産婦人科への不安を感じている方にこそぜひおすすめしたいです。筆者も定期検診はめんどくさがらずに受けていこうと改めて思いました。

「まだ大丈夫でしょ」が後悔を招く?友人の言葉で重い腰をあげ、がん検診へ|27歳、はじめての子宮頸がん検診#1

関連記事:

「まだ大丈夫でしょ」が後悔を招く?友人の言葉で重い腰をあげ、がん検診へ|2…

家事に育児に仕事にと毎日忙しくしていると、検診に行かなければと思いつつ…

27歳、はじめての子宮頸がん検診
バックナンバー

もちみかん/マンガ(mochi_mikan_0123)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事