1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 当日の「飲みに行っていい?」に気持ちがプツン。主婦の思いを描いた漫画

当日の「飲みに行っていい?」に気持ちがプツン。主婦の思いを描いた漫画

毎日の食事作りはとても手間のかかる家事。それでも、家族がおいしく食べてくれるならやりがいもありますが、誰のために作っているのかわからなくなってしまうようなら、苦痛になってしまうでしょう。夫とのすれ違いから料理を作るのが嫌になった主婦・たままま(@decoboco.tama)さんの漫画『もう二度と料理しないと心に決めた日』の見どころをご紹介します。

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

生活リズムがバラバラで、料理が負担に

もともと料理が好きではないたまままさんは、一切料理をしないという夫にあわせて、結婚当初から料理をはじめとするほとんどの家事を担当していました。

夫がダイエットしたいときは野菜中心のメニュー、朝ご飯をしっかり食べたい夫のために献立作りに奮闘するたまままさんでしたが、子どもが生まれてからは生活リズムがバラバラになりさらに負担に…。

しかも、夫は飲みに行くのが好きで、当日になって飲みの連絡を入れることもあり、帰りの時間を気にせず飲みに行く夫に心のモヤモヤがつのったのでした。

何のために、誰のためにご飯を作っているの?

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

ある日の週のこと、月曜日に夫から当日の連絡で飲みに行くとの連絡があり、火曜日にはたまままさんのワクチンの副作用を心配するようなメッセージを送りつつ、勝手に飲みの予定を入れていた夫にイライラ…。

さらに、木曜日も当日飲みに行っていい?という週3回の当日連絡に、たまままさんの心が折れる音がしました。

外に飲みに行きたい夫は、家で食事が用意されていると飲みに行けないと考える。それは夫にとって妻が作る食事が「圧」になっているのでは?

そう思ったたまままさんは、自分が何のために誰のためにご飯を作っているのか、わからなくなったといいます。

もうごはんを作りたくない

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

©decoboco.tama

ご飯を外で食べてきてもらうように夫に連絡し、自分の食事はインスタントラーメンで済ませていると、いろいろな感情がわき上がり「もう二度と夫のためにご飯を作りたくない」と涙を流すたまままさん。

そのとき帰ってきた夫はそんな様子に気づき謝罪しますが、たまままさんは「これからご飯は別々にしたい」と申し出るのでした。

いつでも飲みに行ける夫と、家で待つのが当たり前になっている妻。相手の状況を想像して思いやることを忘れかけると、夫婦はすれ違ってしまうのかもしれません。あなたの家庭ではこんなすれ違いはありませんか?

「料理はしない」と言いつつ大食いの夫、何なの?|もう二度と料理しないと心に決めた日#プロローグ

関連記事:

「料理はしない」と言いつつ大食いの夫、何なの?|もう二度と料理しないと心…

数ある家事の中でも、毎日の食事作りは手間や時間がかかって大変ですよね。…

【全話読める】
もう二度と料理しないと心に決めた日
結婚してから一度も料理をしない夫…それでも「許せちゃう」

関連記事:

結婚してから一度も料理をしない夫…それでも「許せちゃう」

結婚してから一度もごはんを作ったことがないという、うみこ・イラストレー…

ママの料理負担は約9割?男性学の視点で考える『公平な家事バランス』の目指し方

関連記事:

ママの料理負担は約9割?男性学の視点で考える『公平な家事バランス』の目指し方

男性の家事・育児への参加は増えてはいるけれど、料理に関しては女性に負担…

たままま(@decoboco.tama)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「主婦」「料理」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧