1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 子連れ再婚相手に「子どもに会って」というタイミングは?実際の反応を漫画化

子連れ再婚相手に「子どもに会って」というタイミングは?実際の反応を漫画化

再婚相手と関係を進める際には、結婚する前から失敗しないようにと慎重になりがち。特に子どもがいる場合は、再婚相手と子どもがうまくやっていけるかを重視する必要があり、本人たちだけの問題ではなくなります。子どもと再婚相手を会わせるタイミングには悩んでしまいそうですね。そんな再婚相手と子どもたちの関係性を描いたつきママ(tsukimama34)さんの漫画『アラフォーが子連れ再婚した話』をダイジェストでご紹介します。

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

付き合っている相手に、子どもと会ってみてほしい

小学生の子どもたちと3人で暮らすシングルマザーのつきママさんは、アラフォーになって付き合い始めたおとうとデートを重ねるうち、「この人になら子どもたちと会わせてもいいかも」という気持ちが湧き上がってきました。

今まで付き合った人には、そんな感情は生まれることはなかったつきママさん。「今度は子どもたちも一緒に会ってもらえないかな?」という勇気のいるお願いをしてみました。するとおとうは、あっさり「いいよ!」と答えてくれて…。

思春期の長女の反応が心配

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

つきママさんには、小5の娘と小3の息子がいます。おとうと会った時の思春期の長女の反応を気にしていました。

いきなり4人で会うのも緊張してしまうと思い、初めは妹家族も交えて会わせることにしたつきママさん。

そして、初対面のとき、息子はすぐにおとうになついて遊び始めたものの、心配した通り長女は無反応。おとうには近づこうともせず、大人数でなじませる作戦は失敗に終わったのでした。

仲良くなるには旅行が最適

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

長女とおとうが仲良くなったきっかけは、日帰り旅行でした。朝早く出発し、余裕があったこともあり、みんなで楽しく遊んだり買い物をしたりしました。おとうと意気投合した様子の長女の姿があり、ホッとしたつきママさん。

その後、子どもたちに妊娠したことを報告し、おとうが家に来て家事を手伝うようになると、子どもたちは少しずつおとうと仲良くなっていったのでした。

子どもに再婚相手を会わせるときは、じっくり時間をかけて慣れるようにしてあげたいですね。子連れ再婚に興味のある方にも参考になる作品でした。

出会いは突然やってきた!|アラフォーが子連れ再婚した話#1

関連記事:

出会いは突然やってきた!|アラフォーが子連れ再婚した話#1

小学生の息子さんたちと3人で暮らすシングルマザーのつきママ(tsukimama34)…

【全話読める】
アラフォーが子連れ再婚した話

つきママ(tsukimama34)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「育児」「夫婦」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧