1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 示談金60万を要求、困惑する主人公に対する隣人の一言が怖い

示談金60万を要求、困惑する主人公に対する隣人の一言が怖い

この漫画は、ますまゆ・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験に基づいたものです。ある日、隣人が主人公の子どもに「車を傷つけられた」と主張してきます。防犯カメラで確認するも、傷をつけている所までは映っておらず、確証には欠けているものでした。さらに息子はやっていないと主張しますが、隣人は弁護士を通して示談金を要求します。『お宅のお子さんが車を傷つけました』をダイジェストでご紹介します。

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

娘が隣人の車を触ってしまった

主人公の娘が隣人の車を触ってしまい、傷の確認を行なった主人公。防犯カメラ上では傷をつけたというよりも触れた程度で、実際に車を見ても傷は見当たりませんでした。

とにかくホッとした主人公は謝罪し、何かあれば弁償しますので、と話しました。しかしこの言葉が後々重くのしかかることになるのです。

今度は息子が傷をつけたと主張。さらに示談金を要求

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

娘が車に傷をつけたと話をされた翌日、今度は息子が車に傷をつけたと隣人が乗り込んできました。防犯カメラを確認すると死角でよくわかりませんが、車には確かに傷が…。息子は「やっていない」と主張しますが、それを証明する手段がありませんでした。

隣人宅へ夫婦で向かった主人公。息子が傷をつけたシーンまでは映っておらず確証がないため、事実確認をするまでもう少し待ってほしいと話します。

しかし、弁護士を連れた隣人は「話し合いをする気はない。示談金60万円を払えば無かったことにする」と言うのです。

納得できないものの、示談しかないのか

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

主人公夫婦は弁護士に相談し、打開策を探します。しかし、示談を受け入れても裁判に持ち込んでも同じくらいの金額がかかってしまうこと、また子どもたちへの影響なども考えて示談を受け入れる決断をします。

書類に判を押した後、隣人は「いい社会勉強になりましたね」という言葉とともに不敵に笑いました。その顔を見て、主人公は悔しくてたまらなかったのではないでしょうか。

理不尽な隣人によるトラブルで悔しい思いをし、示談金を払うことになってしまった家族。隣人トラブルは大なり小なりあるものだとは思いますが、今回の隣人のように、まるで示談金をもらうことが目的のように見える相手もいるようです。

実際にその土地に住んでみるまでは予測できないことがある「隣人トラブル」。あなたは困った隣人に出会った経験はありますか?

え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

関連記事:

え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

このお話は、ますまゆ ⭐︎育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験…

【全部読める】
お宅のお子さんが車を傷つけました
駐車場を無断使用する隣人をアタフタさせた一言『非常識な奴と戦った話』がスカッとする

関連記事:

駐車場を無断使用する隣人をアタフタさせた一言『非常識な奴と戦った話』がス…

人と人が生活する共同住宅内では、場合によってトラブルが起こることも。と…

念願のマイホーム…早々に始まった隣人トラブルを描く『隣の芝生は黒い』

関連記事:

念願のマイホーム…早々に始まった隣人トラブルを描く『隣の芝生は黒い』

集合住宅だけでなく、一軒家であってもご近所トラブルは起こる可能性があり…

ますまゆ・エピソード漫画(@masumayu3)さんのインスタグラムはこちら

おすすめ記事

「漫画」「事件」「傷」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧