1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 「本当にあった隣人トラブル」60万の示談金を奪いつつ、うそを吹聴する隣人

「本当にあった隣人トラブル」60万の示談金を奪いつつ、うそを吹聴する隣人

ますまゆ・育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験に基づいて描かれたこの漫画は、厄介な隣人から子どもを守ろうと奮闘するお話です。主人公の息子が車を傷つけたと主張する隣人。防犯カメラには決定的な場面は残されておらず、息子もやっていないと言います。しかし、弁護士を通して示談金の要求をしてきた隣人。その額はなんと60万円という高額なものでした。その後も隣人の嫌がらせとも思える行為は続き、ついに主人公は動きます。『お宅のお子さんが車を傷つけました』の見どころをお伝えします。

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

隣人の車を触ってしまった娘。そこから全てが始まった…

トラブルは主人公の娘が隣人の車を触ってしまったことから始まりました。防犯カメラを確認すると確かに触ってはいましたが、傷というほどのものでもなく、実際に車を見ても傷はありませんでした。

ホッとした主人公は謝罪とともに「傷をつけてしまったら弁償します」と話し、その場は収まりました。

しかし、翌日またもや隣人が主人公の家を訪れ、今度は主人公の息子に車を傷つけられたと話します。防犯カメラには車の前を横切る息子の姿は映っていましたが、確固たる証拠はありません。そして息子はやっていないと主張。しかし、隣人は息子が犯人だと決めつけたのでした。

示談金を払ったけれど…隣人の悪意を感じる

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

話し合いを希望していた主人公夫婦でしたが、隣人は弁護士を同席させ示談金を支払うよう迫ります。裁判など別の解決方法を探しましたが、最終的には示談金の支払いに応じることに。

示談をした後も、主人公の脳裏にはさまざまな後悔が押し寄せます。子どもたちを守るための決断でしたが、隣人の悪意を感じ、悔しくてたまりませんでした。

黙っていられない!ついに主人公が動き出す

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

隣人はトラブルについて他言しないという約束を破り、町内会で主人公一家を侮辱するようなうわさを流していました。話が違うと怒りに震えた主人公は隣人へ抗議の電話をするも、身勝手な言い訳をされ、我慢の限界を迎えます。

子どものためと黙っていましたが、もうがまんの限界。証拠を持って町内の集まりへ行きます。そして隣人の話がうそであることの証拠を突きつけるのです。

この場での証拠が決め手になり、主人公に関するうわさはうそであると証明できました。隣人とのトラブルではつい混乱したり慌てたりしてしまいそうですが、この漫画のように証拠になりうるような書類や、場合によっては音声などを記録しておくことは必要かもしれませんね。

【全部読める】
お宅のお子さんが車を傷つけました
駐車場を無断使用する隣人をアタフタさせた一言『非常識な奴と戦った話』がスカッとする

関連記事:

駐車場を無断使用する隣人をアタフタさせた一言『非常識な奴と戦った話』がス…

人と人が生活する共同住宅内では、場合によってトラブルが起こることも。と…

念願のマイホーム…早々に始まった隣人トラブルを描く『隣の芝生は黒い』

関連記事:

念願のマイホーム…早々に始まった隣人トラブルを描く『隣の芝生は黒い』

集合住宅だけでなく、一軒家であってもご近所トラブルは起こる可能性があり…

郵便物やゴミが見られている…ご近所トラブルが不気味すぎる

関連記事:

郵便物やゴミが見られている…ご近所トラブルが不気味すぎる

イラストレーターとして活躍するMichika(@michika_haha)さんが結婚して間も…

ますまゆ・エピソード漫画(@masumayu3)さんのインスタグラムはこちら

おすすめ記事

「漫画」「車」「傷」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧