1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 仕事が休みの日に保育園に預けていい?園による方針の違いと注意点を保育士が解説

仕事が休みの日に保育園に預けていい?園による方針の違いと注意点を保育士が解説

仕事が休みの日、お子さんを保育園に預けていますか?それとも休ませていますか?共働き家庭は、仕事・育児・家事と毎日バタバタ。たまの休みには、たまった家事や用事をまとめて済ませておきたいと思う家庭もあるでしょう。そこで問題になるのが「仕事が休みの日にも保育園に預けられるのか」ということ。この記事では、保育士歴10年の筆者が、仕事が休みの日の保育園利用について解説します。園により方針やルールが違いますが、参考までにごらんください。

「仕事が休みの日の保育園利用」ルールは園によって異なる

保育園への入園は、保護者の就労などにより「保育を必要とすること」が条件となっています。そこだけを見ると、自宅で保育できる日の登園はNGのように感じますよね。しかし、実は保育園によって対応はさまざまです。

園の方針は、保育士の私が知っているだけでも下記にある程度にはわかれます。

  • せっかくのお休みなので預けてリフレッシュしてきてくださいね
  • 緊急時にすぐに連絡がつくのであれば登園させても良いですよ
  • お休みなら普段より早めにお迎えにきてくださいね
  • 行事の練習があるのでできれば登園させてください ※時期により
  • 家庭で保育できるのであれば登園はご遠慮ください

基本的には、明確に禁止されていなければ預けても問題ないと思います。その際は、体調不良など緊急時に連絡がつくようにしておくことが大切です。

出典元:

こんなときは休ませて!子どもを休ませる基準

子ども 悲しい PIXTA

自分の時間を確保することも大切ですが、体調が良くないときに無理に登園させると悪化してしまったり、翌日からの仕事にも支障がでたりする可能性があります。

  • 鼻水やせきが出ていて体調が優れない
  • 保育園で感染症が流行している
  • 子どもの情緒が不安定だと感じる

両親の仕事がある日同様、子どもの体調が悪いならお休みをさせてください。また、感染症の流行期はお休みさせた方が感染リスクが低く済む可能性があります。

共働き世帯にとって、急な欠勤はとても大変。子どもの体調や心のバランスが崩れそうなときは、1日しっかりケアしてあげることをおすすめします。

休みの日の利用は、一言断っておくと安心

保育士 PIXTA

正直なところ、休みの日に保育園を利用することについて特に問い合わせず、黙って預けている保護者はいると思います。

一方、保育士は意外と「今日はパパとママお休みかな?」と気が付いていることもありますよ。例えば以下のようなときは、お休みかもと感じています。

  • いつもよりも登園時間が遅い
  • 仕事に行くときと服装が違う
  • 園外で保護者を目撃する
  • 職場に連絡したら休みと言われた
  • 子どもが「ママは休み」と教えてくれた

特に親が休みの日の保育をNGとしていない園でも、子どもの体調不良で職場に連絡した際に連絡がつかないと戸惑ってしまいます。NGとしている園では、注意を受けることもあるかもしれません。

個人的には、お休みの日に子どもを預けるのであれば、事情も含めて一言園に相談しておくとよいと思います。また、緊急時の連絡先は必ず伝えておいてほしいです。

ルールは確認しつつ、子どもの体調や緊急時の安全を第一に保育を利用していただきたいと思います。

復職するなら子どもが何歳のときがベスト?保育園に入れた月齢と職業を教えて

関連記事:

復職するなら子どもが何歳のときがベスト?保育園に入れた月齢と職業を教えて

出産・育児休暇を取得している場合、子どもの成長にともなって保育園に預け…

連絡帳の内容は「保育に役立ちます」経験10年の保育士が記入内容をアドバイス

関連記事:

連絡帳の内容は「保育に役立ちます」経験10年の保育士が記入内容をアドバイス

保育園や家庭での様子を共有するために大切な連絡帳。大切なお子さんを預け…

保育園生活をスムーズに!保育士が解説する「入園前にしておくと良いこと」

関連記事:

保育園生活をスムーズに!保育士が解説する「入園前にしておくと良いこと」

保育園入園が近付くと「何か準備しておくことはある?」「保育園になじめな…

おすすめ記事

「育児」「仕事」「共働き」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧