1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 友人の妊娠を祝福できない。複雑な胸の内を夫に相談|りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

友人の妊娠を祝福できない。複雑な胸の内を夫に相談|りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

この物語は、海原こうめさんの読者さんの体験談を元にした漫画です。夫の地元に家を建て、慣れない土地で不妊治療中の主人公・あみさん。夫婦ぐるみで仲のいい友人・りなさんとは互いに妊活中ですが、次第に価値観の違いを感じるようになっていきます。そんな中、りなさんが妊娠。「友人夫婦の妊娠をよろこべなかった」と夫に打ち明けると…。『りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-』第6話をごらんください。

©海原こうめ

©海原こうめ

©海原こうめ

©海原こうめ

りなさんから、妊娠検査薬の画像と共に送られてきた妊娠報告をよろこぶことができなかったあみさん。なんとか返信はしたものの、自分へのモヤモヤが消えませんでした。そんな素直な胸の内を帰宅した夫に打ち明けてみたところ、「無理しなくていい」と励ましの言葉が返ってきました。

夫の言葉を受けたあみさんは、自身の不妊治療とりなさんの妊娠は関係のない話だと割り切ることができました。お互いの心に寄り添い、素直な気持ちを話し合うことのできる夫婦関係がとてもすてきですよね。

マタニティーハイ?連日エコー写真を送ってくる友人|りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

関連記事:

マタニティーハイ?連日エコー写真を送ってくる友人|りなちゃんとわたしーマ…

この物語は、海原こうめさんの読者さんの体験談を元にした漫画です。夫の地…

【全話読める】
りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

当事者にしか解らない気持ちがある

©海原こうめ

このお話は、引っ越してきた土地で出会った友人との、妊活にまつわるトラブルを漫画にしたものです。1年半、不妊治療を続けていたあみさん。そんなあみさんを励ましてくれていたのが、家族ぐるみで仲良くなった、りなさんでした。そんな時にりなさんの妊娠が発覚。複雑な気持ちを抱きながらも、あみさんは祝福するのでした。

よかれと思ってしたことが、相手にとっては無神経、あるいは薄情に感じられたりすることもあります。特に妊活・不妊治療はデリケートな問題。当事者にしかわからない気持ちがあり、一方的に決めつけることは、誤解を招き関係を悪化させることになりかねません。

お互いに本音で話し合える関係が理想ではありますが、価値観や状況も違う中で理解し合えるかどうかはまた別問題です。もし、大きく価値観が違ったり、一緒にいて苦しくなったりする関係であれば、距離を置くことも自分の心を守るひとつの方法ではないでしょうか。

海原こうめさんのブログ『妊活は忍活!?アラフォー不妊治療体験記その後』

結婚5年目…セックスレス。でも、子どもがほしい…|レス夫婦の「今度」っていつですか?

関連記事:

結婚5年目…セックスレス。でも、子どもがほしい…|レス夫婦の「今度」っていつ…

この物語は、海原こうめさんのブログ読者さんの妊活体験談を元にした漫画で…

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人へ#1

関連記事:

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人…

妊娠は、子どもが欲しいと思う女性にとってとても喜ばしいものですよね。し…

おすすめ記事

「漫画」「人間関係」「妊活」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧