1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 脳症でまひが残る娘、泣きじゃくる妻の心を救った「夫の言葉」|突発性発疹から急性脳症になりました

脳症でまひが残る娘、泣きじゃくる妻の心を救った「夫の言葉」|突発性発疹から急性脳症になりました

この漫画は、つきママ(@tsukimama34)さんのフォロワー・サチさんの次女ヒカリちゃんに起きた体験談を描いたものです。ヒカリちゃん(11か月)は突発性発疹による高熱で痙攣が起き、救急車で病院に搬送されました。その後、突発性発疹の合併症で急性脳症を発症します。判断が甘かったと、自分を責め続けるサチさん。そんな妻の姿をみた夫から「生きているだけで充分」と心強い言葉をかけられました。『突発性発疹から急性脳症になりました』第31話をごらんください。※この漫画には病気の治療にまつわる描写が含まれますが、あくまで1人の体験談です。ご自身あるいはお子さんのケースではかかりつけ医の指示に従ってください

©tsukimama34

第1話から読みたい方はこちら

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

©tsukimama34

夫は「死んでしまう可能性だってあったのに、ヒカリは生きている。それだけで充分だよ」と、とても心強い言葉をサチさんにかけます。

こんなとき、互いに支え合える夫婦関係はすてきですね。

目を覚ました...!一般病棟に移った次女。生きているだけで感謝|突発性発疹から急性脳症になりました

関連記事:

目を覚ました...!一般病棟に移った次女。生きているだけで感謝|突発性発疹か…

この漫画は、つきママ(@tsukimama34)さんのフォロワー・サチさんの次女ヒカ…

出典元:

「大丈夫ではない可能性」を知っておこう

©tsukimama34

©tsukimama34

このお話は、つきママさんのフォロワーさんの次女・ヒカリちゃんに起きたことをさかのぼる作品です。突発性発疹は乳幼児を育てるママの間では比較的よく知られ、話題にもなる病気ですね。

子どもによって経過は異なりますが「家庭で様子を見ていたら良くなった」「大したことはなかった」という体験談を耳にすることがあると思います。しかし、この作品に登場するヒカリちゃんの場合は、入院治療が必要になり、急性脳症との診断を受けます。さらに、退院後もケアが必要な状態が続きました。

つきママさんのフォロワーさんは、こうした「大丈夫ではなかった」という事例を知っておくことで、子どもに異変を感じた時の速やかな受診につながることを望んでいます。公益財団法人難病医学研究財団難病情報センターによると、子どもの感染症にともなう急性脳症の中でもっとも頻度が高い痙攣(けいれん)重積型(二相性)急性脳症の発症は、年間100〜200人、日本の小児に特有の病気であり、生後6か月から1歳代での発症が最多だといいます。

子どもの発熱は珍しいことではありませんが、まれにこうした症例が実際に起きています。「おかしい」と思ったらすぐに受診をすることが大切ですね。

【全話読める】
突発性発疹から急性脳症になりました
「アザはいじめの原因に」医師が心無い発言、脳梗塞のわが子が受診するまで

関連記事:

「アザはいじめの原因に」医師が心無い発言、脳梗塞のわが子が受診するまで

インスタグラムで育児漫画を掲載しているゆみmama(@sou0228k)さんは、2017年…

わが子が川崎病に。入院治療で親もぐったり?付き添い生活をレポート

関連記事:

わが子が川崎病に。入院治療で親もぐったり?付き添い生活をレポート

息子のよいたんに川崎病の症状が見られるとの診断で、急遽入院することにな…

つきママ(@tsukimama34)さんのインスタグラム

「急性脳症」「突発性発疹」「ICU」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧