1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 蒙古斑バレずに「1人で入浴」できた理由は?|尻が青いと言わないで

蒙古斑バレずに「1人で入浴」できた理由は?|尻が青いと言わないで

この漫画は、生まれつきの青いあざのような蒙古(もうこ)斑が、大人になっても消えずに残るという体の悩みを抱えたみぃ子(@miico_no_kurashi)さんの小学生時代のお話です。いよいよ修学旅行当日。ついに、みぃ子さんが気がかりだったお風呂の時間になりました。みぃ子さんは、友だちに蒙古斑を見られないようにするため、どんな方法を使ったのでしょうか?『尻が青いと言わないで』第7話をごらんください。※この記事は著者・みぃ子さんのブログで連載中の作品『尻が青いと言わないで』の序章をご紹介するものです

©miico_no_kurashi

第1話から読みたい方はこちら

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

みぃ子さん、修学旅行当日は楽しい時間を過ごせたようですね。しかも、お風呂は友だちにお尻のあざを見られる心配もなく、1人で入浴できました。

漫画によると、先生に「生理がきてしまった」とうそを言って場をしのいだそうです。うそは感心できませんが、それほど見られたくないコンプレックスだったのですね。

ウソも方便?「生理に…」修学旅行で蒙古斑を見られたくない|尻が青いと言わないで

関連記事:

ウソも方便?「生理に…」修学旅行で蒙古斑を見られたくない|尻が青いと言わな…

この漫画は、生まれつきの青いあざのような蒙古(もうこ)斑が、大人になって…

みぃ子【ズボラ女のエッセイ漫画】(@miico_no_kurashi)さんのインスタグラム

【全話読める】
尻が青いと言わないで

思春期の心と体の悩みには、大人のサポートが大切

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

©miico_no_kurashi

生まれつきの青いあざのような蒙古斑は、日本人のほとんどにあり、通常なら5〜6歳までに消えます。しかし、大人になっても消えずに残る人が全体の3%ほどいるそう。この漫画の作者・みぃ子さんもその1人です。

小学生になったみぃ子さんは初潮を迎え、体は大人の女性へと変化しているにも関わらず蒙古斑は消えませんでした。特に、修学旅行のお風呂で、友だちに蒙古斑を見られることが心配の種に。修学旅行当日は「生理になりました」とうそをついて1人で入浴します。

蒙古斑の悩みを母親に相談しても、まともに相手をしてもらえませんでした。みぃ子さんは明るくおちゃらけたイメージがあったからか、母親も深く考えずにからかってしまったのかもしれません。しかし、その度にみぃ子さんは傷つき、1人で悶々(もんもん)と悩んでいました。

思春期は心と体が変化する時期で、発達の過程も人それぞれ。周囲からすれば小さなことに思えるような内容で、深く悩むこともある時期ですよね。周りの大人は子どもの悩みを勝手に軽く解釈せず、じっくりと理解して支えたいですね。

出典元:
始まりは、わが子の予想外な一言からだった|こじらせ母娘の処方箋#1

関連記事:

始まりは、わが子の予想外な一言からだった|こじらせ母娘の処方箋#1

毒母に育てられたつらい経験を持ちながらも結婚し、1児の母となった由衣。娘…

気づいてしまった事実。えっ!私ってもしかして?|自分の唇が嫌い#1、2

関連記事:

気づいてしまった事実。えっ!私ってもしかして?|自分の唇が嫌い#1、2

みんな一度は、顔や身体の気になる箇所やコンプレックスを抱え、悩んだ経験…

「漫画」「悩み」「蒙古斑」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧