1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 寝返りだけで?子どもの靭帯はふにゃふにゃ|肘内障になっちゃった

寝返りだけで?子どもの靭帯はふにゃふにゃ|肘内障になっちゃった

このお話は、わしこあら@育児日記(@washikoala_illust)さんの娘・ここあらちゃんが、肘内障に2度もなってしまったときの様子を描いています。ここあらちゃんが1歳半のころ、たまたま体調不良で保育園を休み家で遊んでいると、夫がここあらちゃんの異変に気づきます。よく見ると、左手を使っておらず、病院で診てもらうことにしますが…。『肘内障になっちゃった』第4話ごらんください。

©washikoala_illust

第1話から読みたい方はこちら

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

寝返りしただけで関節が外れてしまうとは、驚きですよね。子どもは体も柔らかいため、ちょっとしたことで脱臼してしまうようです。

しかも、うまく違和感を訴えられない子どもは、そのまま痛くならないようにしてそっとしておくしかないですよね。ここあらちゃんも、何か変だと感じつつ、極力左手を使わないことで自分自身を守っていました。

しかし、先生によっていとも簡単に治った左手。ここあらちゃんもこれで左手が使えるようになったはずですが…。

簡単にハマった左手。全然動かさないのはなぜ?|肘内障になっちゃった

関連記事:

簡単にハマった左手。全然動かさないのはなぜ?|肘内障になっちゃった

このお話は、わしこあら@育児日記(@washikoala_illust)さんの娘・ここあらち…

【全話読める】
肘内障になっちゃった

体質や年齢によってなりやすさは違う

©washikoala_illust

©washikoala_illust

©washikoala_illust

漫画の作者・わしこあらさんは、ある日、娘のここあらちゃんが左手を全く使っていないことに気づきます。整形外科へ行くと、「肘内障(ちゅうないしょう)」と診断されました。日本医師会は、肘内障について以下のように解説しています。

ひじの骨のいちばん上の骨頭部というところが、ひじの輪状靱帯(りんじょうじんたい)という靱帯(じんたい)から外側へ手の方にずれることで起きる「亜脱臼(あだっきゅう)」です。 ※1

肘内障とは俗にいう「腕が抜けた」という状態で、脱臼のために腕が動きにくくなってしまいます。ここあらちゃんは通院した結果、その場の処置で治ったものの、しばらくしてまた症状が出たといいます。肘内障になりやすい子は繰り返すことがあるようです。

子どもは体に異変があっても的確に言葉にできないため、親から見ていつもと違うなと気づいたら、どのような症状が出ているのかよく確認してみましょう。誰にでも起こりえる肘内障、ぜひわが子に置き換えて「もしこうなったら?」と考えておきたい作品です。

出典元:

わしこあら@育児日記(@washikoala_illust)さんのインスタグラム

いつもと違う…転んで泣き止まなくなった娘|2歳の娘が歩かなくなった話

関連記事:

いつもと違う…転んで泣き止まなくなった娘|2歳の娘が歩かなくなった話

大人でも、たった1回の失敗でそれまでできていたことができなくなることって…

アクティブな家族を突然襲った悲劇|息子が突然歩けなくなりまして

関連記事:

アクティブな家族を突然襲った悲劇|息子が突然歩けなくなりまして

この漫画は事実に基づき、NAPBIZの公式ブロガー・ゆーとぴあさんが描いた、…

「肘内障 」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧