セカンドベビーカー(B型ベビーカー)って必要?A型ベビーカーとの違いは?おすすめ商品をご紹介

ベビーとの楽しいおでかけ。生まれたばかりだと思っていたベビーもいつの間にか行動範囲も広がってきて、ますますおでかけが楽しいですよね。生まれた時から使っているベビーカーでは大きくて移動が大変!そろそろセカンドベビーカーを、と考えてるママやパパも見えるのでは?今回はB型ベビーカーについて解説とおすすめベビーカーを紹介します。

PIXTA

B型ベビーカーとは?A型ベビーカーで十分じゃないの?

生まれたばかりの弱々しいベビー。初めてのベビーカー選びは、振動がないように安定性がいいようにとベビーの居心地を重視して選ばれたのではないでしょうか。

A型ベビーカーとは?

ベビーカー PIXTA

生後1ヶ月頃から使用することができ、振動を抑えるために衝撃吸収構造が付いているものなど、乗り心地が重視されています。

両対面式でしっかりした造りの分、重量もあり、値段もお高めなものが多いです。

ベビーカーはA型とB型どっちを選んだらいいの?メリット・デメリットは?選び方と特徴まとめ

関連記事:

ベビーカーはA型とB型どっちを選んだらいいの?メリット・デメリットは?選び…

赤ちゃんとの楽しいお出かけに大助かりのベビーカー。出産前に揃える方も多…

赤ちゃんが成長してくると・・・

走る PIXTA

弱々しかった赤ちゃんもたくましく成長して一緒にいろいろな所へ行けるようになると、ますます子供とのおでかけが楽しくなってきますよね。

外の世界に興味津々で、大人しくずっとベビーカーには乗ってくれないことも出てきます。ぐずった子供を抱っこして荷物を持って空のベビーカーを押して…。おまけに階段を上がらなくては、なんてときもあります。途方に暮れる経験をしたママやパパもいるのではないでしょうか。

やはり軽くてコンパクトなB型ベビーカーでの移動は断然楽ですよ!

B型ベビーカーとは?

ではB型ベビーカーとはどのようなものなのでしょうか。以下に特徴をまとめてみました。

  • 対象年齢 7ヶ月頃から(腰がすわった頃から)
  • 軽量でコンパクトなつくり
  • 価格がA型に比べるとお手頃
  • リクライニングが浅い、もしくは着座のみ

ベビーの体がしっかりとしてきて、移動が多くなってきたときにセカンドベビーカーとして使用される方が多いですね。

軽量でたたみやすいものが多いので、ママがひとりで車に出し入れすることが多い場合や、バスに乗るときなど持ち上げたり畳んだりする機会の多いママにおすすめのベビーカーです。

B型ベビーカーとは?選び方のポイントとおすすめ商品15選

関連記事:

B型ベビーカーとは?選び方のポイントとおすすめ商品15選

新生児期から使っているベビーカーより使い勝手が良く小回りのきくものが欲…

出典元:

おすすめB型ベビーカーの紹介

それでは、我が家でセカンドベビーカーの購入時に重視した点とおすすめのベビーカーを紹介しますね。

B型ベビーカーって必要?

悩む 女性 PIXTA

我が家でも移動が多くなってきたころからセカンドベビーカーについて考え出しました。

車移動がメインの我が家で重視したのは2つ。

  • 何よりも軽いこと
  • 楽に開閉ができるもの

車から出し入れをすることを考えると何よりも軽さを重視しました。2台もベビーカーを購入することについては贅沢かと迷いましたが、思い切って購入してよかったです。

おでかけがとってもスムーズになりました。

おすすめベビーカー

上記のポイントを踏まえて、我が家で購入したのはこちらです。

Combi コンビ背面式B型ベビーカー

コンビ背面式B型ベビーカーF2

(ここおすすめポイントは…

・とにかく軽い!
・片手でらくらく開閉できる
・とってもスマートでスタイリッシュ♡
・折りたたみ時はとってもコンパクトなのに自立してくれる

特に開閉はとってもスムーズで、ベビーを抱っこしていても片手でらくらくです!にご自身で商品へのコメント等を書いてください)

ベビーとのおでかけが楽しくなるものを!

ベビーカー PIXTA

いかがでしたか?

なかなか大人しくしてくれないベビーとのおでかけは大変だと思いますが、少しでもママやパパの負担が減ってにこにこ外出できるといいですね。

ご自身のライフスタイルに合わせてベビーとのおでかけが楽しくなるものを選んでくださいね!

「B型ベビーカー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧