洗面所は戦場?「歯磨きつわり」体験談

マタニティライフ最初の難関ともいえる「つわり」。吐きつわりに食べつわり、人によって時期も症状も異なりますが、今回の記事では「歯磨きつわり」についてご紹介します。歯磨き粉の味がダメ、うがいが出来ない。予想もしていなかった歯磨きでの苦闘……。筆者や先輩ママたちの体験談と対処法をまとめました。

PIXTA

歯磨きがつらい「歯磨きつわり」

つわりの症状は、食べていないと気持ち悪くなる食べつわりや、何を食べても吐きたくなる吐きつわりなど、人によって様々。ここでは、歯磨きにまつわる諸々が引き起こす「歯磨きつわり」についての体験談をご紹介します。

出典元:

私の「歯磨きつわり」体験談

歯磨き粉 PIXTA

私の場合、妊娠がわかった翌週の妊娠6週目には、歯を磨くことがつらくなってきました。歯磨きつわりの引き金になる要素は人によって異なるようですが、私は「かすかに感じる香料と水」でした。

最初に、これがつわりだと感じたのは、今まで使用していたボディーソープが使えなくなったことでした。妊娠8週目あたりには、この体調不良がグングン加速し、道行く人々の香水や整髪料に悶絶するようになりました。

水を口に含むことすら難しかった私の必須アイテム

歯ブラシ PIXTA

つわりで辛かった時期、私にとって必須だったアイテムをご紹介します。

ぶどうジュース

同じ頃、今までガブガブ飲んでいた水とお茶が一切飲めなくなりました。唯一飲めたのはぶどうジュース。1ヶ月ほど、水分摂取はぶどうジュースのみでした。

その後、いちご牛乳とタピオカミルクティーも飲めるようになったものの、妊娠中ずっと、他の飲み物は受け付けませんでした。尿検査で糖が一度も出なかったのは奇跡でしょうか。

水は飲めないだけでなく、口に含むことも気持ちが悪く、うがいが出来ませんでした。ジュースでうがいするわけにもゆかず、歯磨きは拷問のような時間でした。とにかく、えずきながら、涙を流しながら、うがいするしかありませんでした。うがいする水を氷水にすると、少しだけ楽でした。

強めのミントの歯磨き粉

歯磨き粉は、味を感じないほど辛いものなら、なんとか我慢できるかもしれないと思い、子供の頃、辛くて苦手だった「デンター」を購入しました。

辛い歯磨き粉で磨いて、氷水でうがいする、人に会わない日は歯磨きを一日一回にする。これらが私が行った対処法です。やってもつらかったですが、やらないよりはましでした!

そして、今、まさに歯磨きつわりで苦しんでいる方々を絶望させてしまいそうで申し訳ないのですが、この歯磨きつわりは産後半年ぐらいまで引きずりました。

みんなの「歯磨きつわり」体験談

吐き気 PIXTA

私と同じように、歯磨きつわりを体験した妊婦さんの声を集めてみました。

歯ブラシすら受け付けないつわり

つわりの時は私も歯磨きささっとって感じでした(*_*)
ただでさえ気持ち悪いのに口に棒を突っ込むなんて気持ち悪くて気持ち悪くて(*_*)

液体歯磨きなどできそうなら気持ちましになりますよー!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

口に歯ブラシを入れただけで吐き気を催すのは本当に辛いものです。そういう場合は、液体歯磨きなどからチャレンジしてみるとよいかもしれません。

歯磨き粉を辞めた方が楽だった

妊娠中ずっとなってました(´Д`)
歯磨きは、歯磨き粉つけずにブラッシングしてました。このほうがえずくことも少なかったです!

すすぎは、お水をちょっとだけ含ませてささっと済ませてました(^^;
当時は、それしか思いつきませんでした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

歯磨き粉が苦手になってしまう人もいるようです。そういった場合は、歯ブラシに何も付けずに歯磨きをすると良いようです。

決して無理をせず、体調の良いときに自分に合った方法を見つけましょう。

食後少し時間をおいて歯磨き

食べたすぐ後に歯磨きすると吐いてました。
時間をおいて歯磨きすると、吐き気はありますが出てくることはほとんどありませんでした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

食後すぐ歯磨きをすると吐いてしまった、という声もありました。食後少し時間を置いてから歯磨きをしてみると良さそうですね。

自分に合った対処法を見つけて

歯ブラシ PIXTA

ときに、永遠に続くかのように思われるつわり。生まれてくる赤ちゃんのために、楽しく準備をしたいのに、気持ち悪さに支配される日々……。

人によっては安定期に入っても終わらなかったり、終わったと思ったら、また後期つわりが襲ってきたり。でも、終わりのないつわりはありません。私の歯磨きつわりも、産後まで続きましたが、それでも終わったのです。

先輩ママたちの対処法も参考にして、ご自身に合う乗り切り方を見つけてくださいね。

「つわり」「症状」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧