子育て中ママにおすすめ!くわばたりえさんが書いた「ママの涙」もう読みましたか?

6/29日に発売された「ママの涙」ではくわばたりえさんが、ママとしての5年7ヶ月に流した、多くの涙を包み隠さずお話しされています。辛い涙や悔しい涙、そして幸せの涙。正直、育児は幸せな事ばかりではありません。しかしただ辛いだけのもので終わらせるのももったいない!ママがいっぱいいっぱいになったとき、育児が辛いと感じたときに読んでほしい本をご紹介します。ママだけでなく、出産を控えている妊婦さんのプレゼントにもおすすめです。

PIXTA

最終的に、幸せな涙を!くわばたりえさんの「ママの涙」をご紹介

クワバタオハラでおなじみの「くわばたりえさん」は、ご本人の子育て中心のブログでママからの支持が熱く、子育て番組の司会を務めていたこともあり、くわばたりえさんと言えば「育児」というイメージが強い方もいるのではないでしょうか。

3人のお子様のママであり、ブログからも育児の様子が伝わってきます。怒ったり、泣いたり、喜んだりとママだからと言って感情を押し殺したりせず、とっても自然で人間的な育児をされている方だなと感じます。

そんな自然体の育児を、読者にありのまま見せてくれていることがほかのママにとって励みにもなり、安心できるような存在となっているのかもしれませんね。

そんなくわばたさんの著書である「ママの涙」について、本の内容を筆者の感想を交えて紹介します。

涙が止まらない「ママの涙」ってどんな本?

ママの涙 [ くわばたりえ ]

母親歴5年7ヶ月のくわばたりえさんが育児の辛さ・悲しさ・喜びを赤裸々に告白。ママには色んな種類の涙があって、涙の数だけママとして成長していくんだなと思わせてくれる一冊です。

3人のお子様との毎日を中心に描かれているくわばたりえさんのブログと、息子さんと旦那さんとの日々を描かれている相方の小原正子さんのブログで、「ママの涙」が紹介されています。

PART1:ママになって泣いた日

PART1では、くわばたりえさんがママになって流した色んな種類の涙が包み隠さず書かれています。

これからママになる方は、今まで想像していなかった出来事も多いかもしれません。

育児書には載っていない、初めての子育ての大変さがリアルに伝わってきます。そして、それを乗り越えたからこそ味わえた幸せもリアルに伝わってくる内容です。

PART2:涙、涙の日々をみんなで乗り切ろう!

PART2では、3人の子育てをしたからこそ分かった、育児の大変さや手抜き加減を実際に悩んでいるママへ向けて温かい言葉で書かれています。

今現在育児に悩んでいるママは、共感してもらえた安心の涙を流すかもしれません。

育児に悩みは付きものです。しかし世の中には先輩ママがたくさんいます。つまずいて苦しくなっても、心強い一言があれば乗り越えられそうだと感じました。

PART3:感謝の涙

PART3では、日々の忙しさに追われて忘れてしまいがちな感謝の気持ちを思い出させてくれるような内容です。

筆者もですが、今心に余裕がなく、いっぱいいっぱいになっているママにとって、八ッとさせられるような言葉がたくさん書かれていますよ。

大切な家族がいてこその自分。子供に旦那さんに、両親に、そして自分に日々感謝の気持ちを持っていきたいと思えました。

たくさんのママに読んで欲しい!とご本人のブログでも紹介されています

読んでくれたママが 読み終えた後ガチガチだった肩と心が、「まあ、いいか」と笑顔で育児できるような本を目指して作りました。

あるページではくわばたみたいなママだけには なりたくない。と思う方もいると思います

あるページではくわばたと私 一緒やん。私の事を書いてるの?って方もいると思います

私が 5年7カ月の子育ての中で流した沢山の涙を赤裸々に書きました。 出典: ameblo.jp

特に一人目の子供に対しては「〜じゃなきゃダメ」という気持ちが強く、些細な事でも神経質になってしまうママもいるのではないでしょうか。

もっと気楽に育児ができたら、毎日もっと楽しくなるのにな…育児に力が入りすぎているママにとって「まあ、いいか」と思わせてくれる言葉というのは大きな励みになると思います。

育児参考書とは違い、リアルな育児を知ることができるので、これからママになる方の準備本になりそうです。

「読んでおくといい免疫がつく」相方の小原正子さんも絶賛!

私は、誠希千の子育てで辛いとか、大変とか、イライラとか 。。。今のとこ ほぼないです

というのも、 くわばっさんが
先に大変とか辛いとかを 沢山経験してくれていてね、それを沢山教えてくれていたからです!

事前に、むちゃくちゃ大変ゲローと植え付けられていたことによって大抵の事が、聞いてたよりマシやん♪と思えてるからなんです

すごくラッキーな環境

だから、まだ母親ではないかたも、読んでおくと いい免疫がつくと思います

変なすすめかたですが、そんな意味でも おすすめです 出典: ameblo.jp

毎日が楽しい、幸せという綺麗事だけでは中々できないのが育児。出産するまでは、赤ちゃんとの幸せだけを描いていたのに、実際はこんなに自分がボロボロになるなんて…と、筆者もそのギャップに心が折れそうになったことがあります。

辛いことも苦しいこともあるのだと始まる前から聞いておけば心構えができ、産後すぐから始まる育児の大変さも和らぐかもしれませんね。

「涙が止まりません!」購入者からの声

販売間も無く購読されたファンからの声が、くわばたりえさんのブログに寄せられています。

特に今現在子育て真っ只中の方が本を読んで涙を流されたようです。その涙にはきっとそれぞれの思いが詰まっているのでしょう。その思いの一部を紹介します。

背中をポンポンたたいてくれる

勇気 PIXTA

ブログ見れば お洒落に楽しく育児している芸能人ばかり。

こんなに悩みながら育児している自分は 育児間違ってるのか。
こんな母では子供が不幸じゃないか。

と、新米ママは 負のスパイラルに陥るなか、芸能人も あなたと同じように 悩み泣いているのよ!と 背中をポンポンたたいてくれる…そんな本に 目次を見て感じました。 出典: ameblo.jp

育児を楽しんでいるママを見ると、私がママでこの子は不幸じゃないかと感じてしまうことがあるかもしれません。

「ママの涙」は格好つけずに全てありのままをさらけ出してくれているので、「悩んでいる私でも大丈夫かもしれない」と勇気を与えてくれます。

いつか嬉しい涙を流したい

ママ PIXTA

今娘が10ヶ月です。ママ友もいないし、孤独な育児の毎日です。これまで辛かったことを思い出しながら読みました。

まだ可愛さより大変さが勝ってるので、私はりえさんみたいに子どもの成長で涙したことはなく、どちらかというと辛くて涙の方が多いです。

本を読んで、私もいつか嬉しい涙流せるといいなと思いました。 出典: ameblo.jp

辛い気持ちばかりだと、子育てに幸せなんてくるのかなと感じてしまうかもしれませんね。「ママの涙」は、辛かった経験があってこその幸せの涙なんだなと、これからの育児に勇気と希望を与えてくれます。

筆者も辛い新生児期を乗り越え、幸せの涙を流した一人です。

辛い時に何度も読み返したい

読書 PIXTA

目次を見ただけで涙がポロポロ。少し読んでは涙がポロポロ…

3歳の娘が幼稚園から帰ってきたら抱きしめたくなりました♡お腹でポコポコ動き回る新しい命に早く会いたくなりました♡

心のゆとりがなくなった時、辛い時に何度も読み返したいと思います 出典: ameblo.jp

子育てというものは波があり、悩んで落ち込んだり、幸せでいっぱいだったりを繰り返すもの。

この本は「悩んでもいいんだよ」「落ち込んでもいいんだよ」とママの自信を取り戻してくれる力があるような気がします。心のゆとりがなくなったときの、お守り代わりになりそうですね。

ママはしんどい!でも幸せです!

ママ 笑顔 PIXTA

想像を遥かに超える子育ての大変さ。「大変」と一言で表すには足りなさすぎる怒涛の日々。思い出せば、幸せの涙よりも後悔の涙の方が多いなと感じるママもいるのではないでしょうか。

それでも、きっとどんな涙もママにとっては必要な涙。そうやってママとしても成長していくんだと思います。子育ては先が長いようで一瞬で過ぎていきます。二度と見る事ができない今日の我が子の顔をしっかりと記憶に残していって欲しい…そんなくわばたさんの思いが込められた「ママの涙」。

ママになるって、幸せなことばかりではありません。それでも最終的には「ママになってよかったって」思える育児をしたいですよね。

今話題の記事

「くわばたりえ」「ママの涙」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧