冬の結露は温度差が原因?発生のメカニズムと対処法、対策グッズ10選を解説

冬になりますと結露に悩まされる方も多いですよね。窓や窓のサッシが濡れてしまうだけではなく、カビやダニが発生する原因となりますので、結露ができてしまったら放っておかずにしっかりと対策をすることをおすすめします。この記事では、結露の原因となる温度差や水蒸気を最小限に抑えられる方法や、発生してしまった結露がトラブルを引き起こさないようにする対策グッズ10選をご紹介します。ご自宅の環境に合わせた結露対策を考えてみてくださいね。

結露ができるメカニズム、原因は温度差

寒い季節になると、窓の付近に水が溜まる「結露」に悩まされる方も多いですよね。なぜ、冬に結露が発生しやすいのでしょうか。まずは、結露が発生するメカニズムについてご説明します。

温度が高ければ高いほど、空気に含まれる水蒸気が多くなります。それぞれの温度に対して、空気の中に含むことが出来る最大の水蒸気量を「飽和水蒸気量」と言います。

この「飽和水蒸気量」は、温度が低くなればなるほど少なくなります。例えば、気温が20度の時、飽和水蒸気量は1立方メートルあたり17.3gですが、10度になると1立方メートルあたり9.4gまで下がります。

そのため、気温が急激に冷えますと、空気の飽和水蒸気量が下がり、水蒸気の形で存在することが出来なくなった物が、水となって現れます。温度差によって現れたこの水が、結露です。

カビやダニなど…結露が引き起こすトラブルとは?

窓ふき

結露には、壁や天井などの表面に現れる表面結露と、水蒸気が壁などの内部に侵入して発生する内面結露があります。表面結露と内面結露、このどちらも、トラブルを引き起こす原因となります。

結露が原因となって起こるトラブルには、どのようなものが考えられるのでしょうか。

家を腐らせる内部結露とカビやダニの原因となる外部結露

結露

部屋の暖かい空気が壁や断熱材の内部に入り込み、より冷えた空気の場所で発生するのが内部結露です。こうした状態が続きますと、家の柱や土台を腐らせる原因となってしまいます。

柱や土台の部分が腐ってしまいますと、家全体の建物としての強度も弱まってしまうため、大きな地震などの災害が来たときにとても不安ですよね。

窓のサッシなどでも見かけることが多い表面結露は、カビやダニが発生する原因となります。そして、カビから出る胞子とダニの死骸やフンが、アレルギーの一因にもなると言われています。

結露の対策法は温度差と水蒸気に注意

結露

結露は、部屋が濡れて不快な思いをするだけではなく、カビやダニなどを発生させる原因となったり、家の土台を腐らせたりするなど、放っておくと深刻な問題に発展することが分かりました。

結露を発生させないため、または発生したときにトラブルの原因とならないようにする為に、どのような対策ができるかをご紹介していきます。

結露の発生原因となる「温度差」をなるべく無くすようにすることも、結露の予防になります。

1. 換気をしっかりしましょう

窓際

温度差をなくすには、こまめな換気が必要になります。

お風呂場やキッチンで湯気や水蒸気が発生したときは、窓を開けるか、換気扇などを使って外に出すようにしましょう。また、2003年以降に建設された住宅には、24時間換気システムが導入されているはずです。こちらも活用するようにしましょう。

2. お使いの暖房器具を確認しましょう

窓際

暖房器具も、温度差や水蒸気を発生させる原因になっていないか確認しましょう。

すぐに暖まるガスファンヒーターや石油ファンヒーターは、燃焼タイプの暖房で排気が室内に出るため、多くの水蒸気を発生させます。

エアコンやパネルヒーター、床暖房などを使用しますと、結露の発生をかなり軽減させることができますよ。

3. 窓の結露対策にはエアークッションシートを使用しましょう

緩衝材

結露がよく見られる窓には、エアークッションなどのシートを貼るのが効果的です。空気が含まれているシートは、断熱効果が高いですので、温度差を軽減し、結露を少なくしてくれます。

いわゆる「ぷちぷち」の梱包材でもその役割は果たせますが、窓に貼る際にテープ等を使用しなければならないため、専用の糊付きシートがおすすめです。

4. 壁の結露にはカビ除去スプレーやミョウバン水が効果的です

霧吹き

壁の結露を防ぐのに簡単な方法は、カビ除去スプレーとミョウバン水を使用することです。

まず、カビ除去専用スプレーを壁に吹き付け、10分から15分放置してからふき取ります。その後、ミョウバン水を霧吹きでスプレーしてからしっかり水気をふき取りますと、予防になります。

ミョウバン水は、500mlの水に焼きミョウバンを15g入れ、よく振ってから、1~2日置いておきます。水が透き通ったら、使うことが出来ます。

5. 室内干しの際も換気に気を付けましょう

室内干し

雨・雪の日や、外気温が低い日は、洗濯物が乾きづらいですので、部屋干しをしている方も多いですよね。

洗濯物が乾きますと、その水分量が室内に放出されてしまうため、水蒸気が充満してしまいます。そのため、部屋干しをする際も、こまめに換気をするようにしましょう。

結露の発生やカビを防ぐ対策グッズ10選

掃除

それでは、結露対策に使えるグッズ10選をご紹介します。

予防に使えるもの、実際に結露が出来てしまった時に使うもの、窓や押し入れなど場所ごとに使えるものなどご紹介しますので、お家でのお悩みに合わせて検討してみてくださいね。

1. 窓の結露を防ぐかわいい断熱シート

断熱 窓ピタシート (粘着タイプ) 2枚

2. 窓際に置くだけで結露防止になるボード

窓際あったかボード ライトスリム M

3. 窓際をさりげなく結露から守る強力吸水テープ

ニトムズ 強力結露吸水テープ 10m

4. 窓の周りをかわいくガードできる結露防止シート

結露防止シート NEWメリースノー

5. 出来てしまった結露を一掃してカビを防ぐワイパー

水滴ワイパー

6. ヒノキの香りで結露によるカビを防ぐスプレー

カビが生えにくくなるスプレー ヒノキの香り

7. 結露を「吸って取る」新発想のスプレー

結露吸着スプレー トドマール プラス

8. 押入れのカビやダニを防ぐ結露対策グッズ

バイオくん 押入れ用

9. 室内干しによる結露を防ぐ衣類乾燥除湿機

パナソニック 衣類乾燥除湿機

10. 外気と室内の温度差を軽減するスリムヒーター

スリムヒーター150cm幅

結露ができる前、できた後の対策をして快適な生活を

窓 掃除

結露ができる前とできた後の対策をしっかりと行うことで、結露によるカビや腐敗などのトラブルを最小限にとどめることができます。

結露が発生しやすい冬は、室内での水蒸気の発生や、外気温と室内の温度差に気を付けるようにしましょう。対策グッズも上手に使用しながら、ご自宅の住宅事情やライフスタイルに合わせた結露対策を行ってみてくださいね。

出典元:

おすすめ記事

「結露」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧