食費や光熱費よりも「固定費」を見直したほうが節約効果は大!

「家計に余裕がないから節約をしたい!」と思ったとき、まずは食費や水道光熱費を削ろうと検討するかもしれません。しかし節約効果が大きいのは、これらの変動費よりも「固定費」です。固定費には見逃しがちな無駄が潜んでいるため、その無駄を省けばOK。毎日切り詰めたり我慢したりしなくても節約の効果が大きく、しかも続くのです。固定費を節約するポイントを押さえて、これを機に家計の見直しをしてみましょう。

プレミアム記事

PIXTA

家計の支出には「変動費」と「固定費」がある

節約を始めるにはまず家計の状況を知る必要があります。家計の支出はおおかに「変動費」と「固定費」に分けることができます。それぞれどのような費目が含まれるのか見てみましょう。

変動費

スーパー amana images

変動費とは、月によって支出額が変わる費用のこと。日々お財布から出ていくお金と、クレジットカードで支払っている生活費全般については、変動費として扱います。

具体的な費目としては、たとえば食費、外食費、交通費、被服費、美容費、交際費、雑費などが挙げられます。

固定費

住宅ローン PIXTA

固定費とは一定額を毎月支払うなど、定期的に発生する費用のこと。支払う額が固定されているか、あまり変動しない費用です。

具体的な費目としては、家賃、駐車場代、公共料金(光熱費・携帯代など)、授業料・習い事代、保険料(医療保険・生命保険など)などが挙げられます。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「見直し」「固定費」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!