監修:鈴木さや子 さん

マイホームは何歳までに買う?定年までに住宅ローンを完済すべき?

定年退職までに住宅ローンを返し終えたいなら、マイホームはなるべく早く買ったほうがよいと考えられます。とはいえ、誰もが希望通りのタイミングでマイホームを購入できるわけではありません。結婚した年齢や子供が生まれた時期、給料の水準、貯金額など、さまざまな条件に左右されます。家庭によって異なる住宅購入のタイミング、その判断基準をファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

プレミアム記事

PIXTA

マイホームを買った年齢は30歳代が最多

はじめに、世間一般の人たちが何歳くらいでマイホームを購入しているのか、平均データをご紹介しましょう。

国土交通省「平成28年度住宅市場動向調査報告書」によると、世帯主が30歳代で住宅を購入する世帯が最も多く、次いで40歳代の世帯という結果です。

この流れは近年変わらず、注文住宅・分譲戸建て・分譲マンションと、住宅の種類が異なっても同じです(グラフ参照。無回答は除いた数値)。

住宅購入時の世帯主の年齢。 国土交通省「平成28年度住宅市場動向調査報告書」より筆者作成

さらに詳しく、世帯主の平均年齢を見てみると、もう少しタイミングが遅いことがわかります。

  • 注文住宅(新築):40.9歳
  • 分譲戸建住宅:38.9歳
  • 分譲マンション:43.3歳

30歳代はライフイベントや家族構成が定まる時期

ふだん家計相談に対応していて思うのが、「多くの人は20歳代ではライフイベントや家族構成が定まっていない」ということ。厚生労働省「平成29年 我が国の人口動態」によると、第一子出産年齢は母親が30.7歳、父親が32.7歳(平成27年)。男女ともに平均で30歳台なのです。

単身者が住宅購入をするケースもありますが、結婚や新しい家族の誕生を経てマイホームの購入を検討・決断する、という動きが主流です。家族のマイホームを購入するのであれば、子供が小さいうちに入居したほうが良いと考える方が多いため、「30歳代が最多」なのかもしれませんね。

出典元:
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「住宅購入」「何歳まで」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!