監修:鈴木さや子 さん

シングルマザーに必要な貯蓄額はいくら?家計見直しで将来への不安を解消

シングルマザー世帯は他のファミリー世帯に比べ、お金の悩みや不安を抱えているケースが多いと感じます。厚生労働省の調査「ひとり親の困っていること」によると、母子世帯では45.8%が「家計」、19.1%が「仕事」、13.4%が「住居」に悩みがあると答えています(複数回答)。今回はこのうち「家計」の不安を解消するために、これだけは貯めておきたいという明確な目標と、その具体的な方法についてファイナンシャルプランナーがお伝えします。

プレミアム記事

amana images

シングルマザーの約半数が貯蓄額50万円未満

下の表から分かるように、母子世帯の平均貯蓄額は331.9万円。思ったより多いと思われるかもしれませんね。この母子世帯には死別や、離婚の際にまとまった慰謝料を受け取ったケースも含まれるため、多くの世帯に該当する平均値とは言えないでしょう。

現に、貯蓄額300万~400万円の世帯は全体の4.9%にしかすぎません。貯蓄額の多い世帯とそうでない世帯に二極化していると読み取れます。「貯蓄がない」と「貯蓄が50万円未満」の世帯を足すと47.3%であり、約半数の母子世帯は貯蓄額50万円未満というのが現状です。

「厚生労働省>各種統計結果 > 平成22年国民生活基礎調査の概況 > 6 貯蓄、借入金の状況」を元に執筆者が作成

出典元:

シングルマザーの家計を左右するリスクは主に2つ

働く PIXTA

シングルマザーにかぎらず、ひとり親世帯は基本的に一馬力。そのため収入が減ると生活への影響が非常に大きくなります。考えられる主なリスクは次の2つです。

自分が病気になった時のリスク

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「シングルマザー」「貯蓄額」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!