監修:鈴木さや子 さん

103万円の壁が150万円の壁に!配偶者控除等の改正でママの働き方は変わる?

平成30年から配偶者控除配偶者特別控除改正されます。「どうやら103万円の壁が変わるらしい」という情報がニュースなどで入ってくるものの「実際、自分にどのような影響があるのかわからない」と戸惑っている方もいるでしょう。夫の扶養範囲内でパートをしているママが改正によって受ける影響や、この改正を機に働き方を見直す必要があるのかをファイナンシャルプランナーが解説します。

プレミアム記事

amana images

平成30年から変わる!配偶者控除と配偶者特別控除

※本記事では便宜上、世帯主かつ家計の主な稼ぎ手を夫、配偶者を妻とし、いずれも会社員やパートタイマーなどの給与所得者としてご説明します。

配偶者控除とは、夫が支払う税金に関する制度です。妻の収入が配偶者控除の適用範囲内の場合、夫の所得から38万円が控除されます。また、配偶者特別控除は妻の収入が配偶者控除の適用範囲を超えた場合でも、手取りの逆転現象が起きないよう、夫の所得からの控除額が段階的に変化していくものです。

この2つがいよいよ平成30年分の所得税から改正されることから、関心が高まっています。

配偶者控除の改正内容

虫眼鏡 PIXTA

夫と妻それぞれの状況によって、世帯全体で見たときに有利になるか不利になるかが変わります。まずは改正内容の要点を押さえましょう。

妻の年収が103万円を超えても150万円までならOK

これまで、夫が配偶者控除を受けられる妻の年収は、パートの場合103万円まででした(所得金額38万円+給与所得控除65万円=103万円)。今回の改正により、妻の年収が150万円までと適用範囲が広がります。

夫の所得が1,000万円を超えると控除を受けられなくなる

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「配偶者控除」「改正」「配偶者特別控除」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧