社会貢献も可能、「書き損じはがき」を無駄にしない5つの方法

年賀状を準備していると、書き損じや印刷ミスなどが起きてしまうことがありますね。年始の正式な挨拶状だからこそ、修正ペンやテープで直したはがきは送りたくないもの。とはいえ、間違えてしまったはがきをそのまま捨てるのはもったいないと感じられます。そのようなときの書き損じはがきは、寄付や現金買い取り、交換などの方法を活用すれば無駄にはなりません。知っておきたい書き損じはがきの活用方法をご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

書き損じたはがきを捨てずに利用する方法5選

書き損じや印刷ミスで使えなくなったはがきを捨てずに活用する方法を集めました。ご自身の考え方や利便性を考えて、最適な方法で活用してくださいね。

1.切手やはがきと交換

郵便局 amana images

年賀状に限らず郵便切手や往復はがき、レターパックなどは、交換手数料を払えば郵便局で新しい年賀はがきか切手と交換してもらえます。年賀はがきの場合、手数料は1枚あたり5円。新しく年賀はがきを買うと考えれば、安いですね。

ただし、年賀はがきを新しい年賀はがきに交換してもらう期間は限られています。期間を過ぎた場合、翌年の年賀はがきとは交換はできず、通常の官製はがきとの交換です。

また、親族に不幸が起こり喪中になった場合には、年賀状販売期間内であれば印刷済みのはがきも手数料無料で交換してもらえます。手続きは郵便局の窓口で。所定の請求書に請求される方の住所、氏名、亡くなられた方との続柄を記入し、交換しましょう。ただし、服喪が理由の年賀はがき交換は、新しい年賀はがきとは交換できません。

金券ショップで現金と交換

窓口 amana images

郵便局では、書き損じ年賀はがきの交換は切手や新しいはがきのみ。現金化はできません。「年賀はがきを買いすぎてしまい、もったいないので現金化したい」という場合には、金券ショップがおすすめです。しばらく切手や郵便はがきを使わない場合は、現金化の方が使いやすいかもしれませんね。

金券ショップでの買い取り相場は時期などによっても異なりますが、35円から46円程度が相場です。書き損じ年賀はがきは、新品のはがきよりも5~10円程度安く買い取られることが多いようです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「活用」「年賀状」「書き損じ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧