小学生のいる家庭が地震に遭遇したら?命を守るための備え

地震が起きたときに、災害から身を守るために必要なものを準備しておくことは重要です。それに加えて、もし親子離れ離れになっているときに大地震が発生した場合、子供が1人で自分の身を守れるようにしっかり訓練しておくことも大切です。こちらでは、小学生の子供がいるご家庭で準備しておくとよい防災グッズや、子供が1人で我が身を守るためのポイントなどをご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

子供が自分の身を守れるように教えておきたいこと

子供が1人で留守番をしているときに大地震が発生してしまったら?いざというときのために、子供に災害時の身の守り方について教えておくことが大切です。

家にいるときの身の守りかた

地震が発生しても、もっとも大きな揺れは通常であれば数分でおさまります。このため、すぐに外に飛び出してしまうのではなく、まずは落下物などから身を守るために、机やテーブルの下に避難します。

机の下で、危険性の高いものにおしりを向けて丸まった状態になる「だんごむしのポーズ」や、机の足をしっかり支える「さるのポーズ」などを教え、いざというときにできるようにしておきましょう。

キッチンなどで火を使っているときは慌てて火を止めるのではなく、まずは机の下に避難し、大きな揺れがおさまってから火の始末をするように教えておきます。地震が起きたときにあせってすぐに外に飛び出そうとすると落下物などの被害に遭う可能性があり危険です。

  • だんごむしのポーズ

©ママリ

  • さるのポーズ

©ママリ

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「家族」「地震」「防災」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧