監修:清水なほみ 先生

リスクを極力押さえたい!無痛分娩の産院選び

無痛分娩には母子ともにさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットやリスクもあります。できるかぎり安全にお産をしたいですね。無痛分娩を選択する上で、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。無痛分娩の知識をきちんと持つことと、リスクを減らすために最大限の対応を行う産院を選ぶことが大切です。こちらでは無痛分娩に関する情報をはじめ、産院選びのポイントなどを中心に解説します。

プレミアム記事

PIXTA

無痛分娩を選択する人の割合と出産施設の現状

無痛分娩を選択した人は分娩全体のうちどれくらいの割合で、どういった施設で出産しているのでしょうか?無痛分娩というと病院で行われている印象が強いですが、実際には診療所など病院以外の施設で出産した人が多いようです。また、海外での無痛分娩実施率や医療体制の違いについて、あわせてみてみましょう。

病院ではなく、診療所で無痛分娩をするケースが多い

2016年度に無痛分娩を選択した人は分娩全体の6.1%でした。2014年度は4.6%、15年度は5.5%と年を追うごとに増えています。

2016年度に無痛分娩を実施した施設の内訳は、2017年8月の妊産婦死亡症例検討評価委員会の報告によると診療所53%、病院47%で、診療所の方が多かったことがわかります。

病院と診療所の違いは、医療法で「医業を行うための場所を病院と診療所とに限定し、病院と診療所との区分については、病院は20床以上の病床を有するものとし、診療所は病床を有さないもの又は19床以下の病床を有するものとしている」と定められています。「○○クリニック」「○○医院」という名称の施設は診療所です。

病院の場合、最低3人以上の医師がいることが求められますが、診療所は医師が1人でもいればよいことになっています。また、病院では、入院患者16人に対して医師1人と定められていますが、診療所では医師1人が診察する患者数に制限はありません。

フランスは80%近くが無痛分娩。医療体制に違いがある

出産 PIXTA

先進国の中でも無痛分娩が普及しているフランスでは、なんと分娩全体の74%が無痛分娩です。フランスでこれだけ無痛分娩を実施している人が多いのは、フランスでは産科の規模に合わせて産科専門の麻酔医を配置するよう定められていて、24時間無痛分娩を行える体制を整えているから。

また、人口あたりの麻酔科医の数が日本の2.5倍です。日本ではこうした医療体制がまだ整っていません。この点が無痛分娩に対するフランスと日本の大きな違いといえます。

医療従事者の技術の向上が必要

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

今話題の記事

「無痛分娩」「産院選び」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧