ココだけは押さえよう!男の子のしつけのポイント

男の子ママの皆さん、こんにちは!異性である男の子を育てる中で「理解できない」「しつけが大変」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。「お姉ちゃんは1度言えば済むのに、弟の方は全然話を聞いてくれない!」「常に動いてばかりで落ち着かない」こんな声が聞こえてきそうです。男の子はとてもかわいい存在ですが、謎の行動も多く手がかかりますよね。今回は知っておくと育児が楽になる男の子しつけのポイントをご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

男の子の耳と頭に入りやすいしつけの方法

男の子に「〇〇はダメよ」と言っても、そのとおりにはならないことが多いものです。ママは何度も言うはめになり、イライラが募ってしまいますよね。

一般的に、男の子は「1つのことに集中する」という特性があります。そのため、何かに集中しているときは周囲が見えていないことがあります。例えば遊びに夢中になるあまりぐちゃぐちゃに汚して、ママがそれを叱ろうとしても、「どうして怒ってるのかな?」と全く理解していないこともあります。

こんなときは、男の子の特性を理解して対応すると子育てがしやすくなりますよ。

安全面のしつけが最優先!危ない時は「コラッ」でもいい

男の子は、時に予想不可能で突発的な動きをします。車道に飛び出すような危険を伴う衝動的な行動をしたときは、きっちり叱りましょう。

とっさに声をかけるときは、丁寧な言葉でなくてもOK。安全第一を優先に、大きな声で止めてください。

「意識をこちらに向かせてから落ち着いたトーンで」話す

男の子 日本 話す PIXTA

男の子は何かに熱中しているときに話しかけられても気づかない場合があります。そのため、男の子に話をするときは、今していることをやめさせてから話す必要があります。

トントンと肩をたたいて意識をこちらに向かせ、落ち着いた聞き取りやすいトーンで話すと効果的です。

叱るときは「その場で・目を見て・真剣に・短く」

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「男の子」「しつけ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧