1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 幼児・子供のしつけ
  5. 男の子は大変「でもうちの子は大丈夫」と思っていられるのは0歳まで?子育ての現実

男の子は大変「でもうちの子は大丈夫」と思っていられるのは0歳まで?子育ての現実

子どもはパパママの考えもつかないようなことをすることがあります。子育てはいつも手探りで、悩みが尽きませんね。とくに「男の子は何を考えているのかわからない…」と思うことはありませんか?そこで今回は、困った行動が見られる男の子の特徴について年齢別に紹介します。男の子にどう接していいかわからないと悩んだことのある方は、紹介する内容を参考にして子どもとの向き合い方について考えてみてくださいね。

PIXTA

男の子は親の言うことを聞かないのが当たり前?男の子の生態

どうしてパパママの言うことを聞いてくれないのか、ときには絶望的な気分になってしまうこともあるのではないでしょうか?

「ゴミはゴミ箱に捨てようね」と言うと反対にゴミ箱に入っているゴミを部屋に散らかしたり、「靴はそろえて脱ごうね」と毎回のように言ってもそろっていることはほとんどなかったり…。

0歳ではかわいい言動にほっこりとした気持ちになれますが、1歳くらいになると様子に変化があるでしょう。男の子は0歳から1歳にかけてどのように変わっていくのか、年齢ごとに見てみましょう。

0歳…性別による違いはあまり感じられず、まだまだかわいいころ

0歳の男の子はまだまだかわいらしい時期です。女の子との違いは体のつくりだけ。

知り合いのママから「男の子は本当に大変」と聞いても、0歳のころにはまだ現実的に思えないことも多いでしょう。「うちの子は大丈夫」と思える年齢が0歳のころなのですね。

1歳…少しずつ理解できない動きが増えていく

1歳くらいに成長すると、0歳のころよりもだんだんと動きが活発になります。

はいはいやつかまり歩きができるようになると、休むことなくずっと動き回って玄関から外に出ようとしていたり、少し目を離したすきに家具と家具の間に挟まっていたり。中には床に落ちているほこりを食べたり、靴をなめたりすることも…。

0歳のころに比べると理解できない行動が増えてきて、親としての向き合い方に悩む方も。周りのママが「男の子は大変」を言っていたのを思い出すと「うちの子の行動も、男の子特有のものなのかな」と思う機会が増えるかもしれません。

子どもの心をぐっとつかむ!男の子の本当に響く叱り方ほめ方

男の子の本当に響く叱り方ほめ方

成長とともに理解できない行動をするようになり、言うことを聞いてくれなくなることがある男の子。叱り疲れて途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。とくに女性であるママとしては、接し方もわからなくなってしまうことも。

しかし男の子には男の子ならではの「心が動くポイント」があります。つまりポイントを知って叱ったりほめたりすれば、もっとスムーズに子育てができるようになるはずです。

そこでおすすめなのが「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」という本。元保育士でご自身も男の子3人を育て上げた著者の方から子育てのヒントをもらえば、男の子との上手な接し方がきっと見えてくるはずですよ。

出典元:
  • 小崎恭弘「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」P20-21,71-78(すばる舎,2014年10月)
3歳の男の子はいつも何かと戦っている!接し方がわかる男の子の生態&特徴

関連記事:

3歳の男の子はいつも何かと戦っている!接し方がわかる男の子の生態&特徴

子育ては子どもの性格や性別、年齢にあわせて臨機応変に対応をしなければい…

おすすめ記事

「男の子」「しつけ」「性格」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 小崎恭弘「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」P20-21,71-78(すばる舎,2014年10月)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧