男の子の下品な行動や下ネタに困惑。どう対処すればよい?

3歳前後になるとできることがぐっと増えてきますよね。その反面、覚えてほしくないことに限ってよく覚え、ママも困ってしまう時期に入ります。成長の過程で誰もが通る道とはいえ、男の子下品行動にママも苦笑い…。人前で下ネタを披露されると、ゲンナリしてしまいます。なかには「天使のようにかわいかったわが子が下ネタなんて…」とショックを受けるママもいます。今回は男の子下品行動や下ネタへの対処方法をご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

男の子の困った行動別対処法

男の子の下品な言動は、エスカレートしたり、しつこく繰り返したりすることがあります。その理由としては、友達や大人の関心を引きたくてする場合と、ダメな理由が根本的に理解できていない場合があります。そのため、ただやみくもに叱ってもあまり効果がありません。

それでは、どのように対処すればいいか行動別に見ていきましょう。

1. すぐに汚いことをする

汚いことをすることがすべて悪いわけではありません。子供らしく泥んこになって遊ぶことは、時と場合によっては望ましいことです。一方で、時と場所を問わず、すぐに汚いことをしたがる場合は対応してください。

(例)

  • 道路を歩いていると何でも拾いたがる/口に入れる
  • 道端に落ちている犬のうんちが気になり、いじろうとする

対処法

大人にとっては「汚い」ことでも、男の子の発達という視点で考えると、目に見えるものを探索して、試している過程でもあります。危険でない限り、ある程度は許すことも必要です。

ただし、本当に危険なことや不衛生なことは、その都度「これは汚いものでバイ菌いっぱいだから触らない」などと教え、きっぱりやめさせます。その都度教えるのは面倒に感じるかもしれませんが、ひとつひとつの教育が、子供の知識の積み上げにつながり徐々に改善されます。

2. 乱暴な言葉を使う

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「男の子」「下品」「行動」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧