紫陽花、初夏、真珠…6月生まれのイメージでつける名前アイデア

生まれ月のイメージから名付けをする場合は、その月から連想するキーワードを出していくとよいでしょう。6月の場合は、梅雨や紫陽花(あじさい)など、雨の季節をイメージするキーワードが出てくるのではないでしょうか。この記事では、命名研究家の牧野恭仁雄(まきのくにお)さんがおすすめする、6月をイメージした名づけアイデアを紹介します。

プレミアム記事

6月をイメージする名づけアイデア

6月は梅雨の季節。植物にとって恵みとなる雨が降り、樹木の緑が力強くかがやきます。さらに紫陽花、鈴蘭など、6月ならではの花もイメージできますね。6月らしい言葉から連想し、赤ちゃんの名前を考えてみましょう。

初夏

太陽が力強く輝きはじめる初夏。梅雨の晴れ間の陽気には、夏の足音を感じる日もありますね。

「夏」の字は「なつ」のほかに「か」と読み、男女両方の名づけに適しています。

男の子

夏雄(なつお) / 夏津也(かつや) / 夏津矢(かつや) / 夏津太(かつた) / 夏津真(かつま) / 夏津馬(かつま) / 夏津人(かつと) / 夏津斗(かつと) / 夏津登(かつと) / 夏津哉(かつや)

女の子

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「6月生まれ」「名づけ」「イメージ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!