陣痛がきたと思ったら、フライング? 前途多難なお産の幕開け「出産レポート①」

2017年に子供を出産し、育児に励んでいるまきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんの出産エピソードをご紹介します。最初は下痢かな?と思っていたまきこんぶさんでしたが、友人のぐっさんに相談するも「陣痛では?」と指摘され、陣痛と思い始めます。そして痛みは我慢できない程になり、いざ病院へ。しかし、前駆陣痛かもしれないという話になり、早くも心が折れかけるまきこんぶさん…。赤ちゃんに会えるまでの道のりはまだまだ始まったばかりのようです。

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

続きはこちらからどうぞ↓

こんなにも痛いのに、子宮口が開かない!予想外の展開に…涙。「出産レポート②」

関連記事:

こんなにも痛いのに、子宮口が開かない!予想外の展開に…涙。「出産レポート②」

子宮口がまだ開かず、定期的に襲ってくる陣痛とひたすら戦い続ける時間がや…

まきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんのインスタグラム

出典元:
  • 荻田和秀「らくらくあんしん妊娠・出産」146(Gakken,2017)

おすすめ記事

「出産」「前駆陣痛」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 荻田和秀「らくらくあんしん妊娠・出産」146(Gakken,2017)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧