1. トップ
  2. 出産
  3. 産前〜出産の基礎知識
  4. 陣痛・前駆陣痛・後陣痛
  5. 痛すぎる。私の3人目出産時の長い、長い前駆陣痛のお話【体験談】

痛すぎる。私の3人目出産時の長い、長い前駆陣痛のお話【体験談】

「3人も子供を生んでたら慣れたもんでしょ?」と思われがち。いえいえ、そんなことはありません。やはり毎回状況が全然違います。中でも3人目の前駆陣痛は長いし、痛いしかなり精神的に追い詰められました。そんな3人目出産時の前駆陣痛について筆者の体験談をご紹介します。痛みなどの感じ方は人それぞれ違うと思いますので、あくまで参考程度に読み進めていただければ幸いです。

PIXTA

前駆陣痛は妊娠37週に入った直後からありました

チクチクと痛いと言うのでしょうか…1番痛い日の生理痛のような痛みでした。妊娠37週になって、いつ生まれても大丈夫だよと病院で言われるタイミングから痛かったので、すぐに出産になるなという感じでした。

妊娠生活が辛かったので前駆陣痛が嬉しかった

妊娠すると体がだるいし重いし、お兄ちゃんが2人も居るしで全然妊娠生活をエンジョイできていませんでした。

中期にはつわりもあったし、天気が悪いと頭が痛かったですね。なにより、精神的に妊娠期間はつらかったです。

慎重になりすぎて、心のゆとりがなかった妊娠生活でした

3人目は妊娠初期に切迫流産と見られる兆候が少しあるからと言われましたが、無事に安定した妊娠生活を送れました。

2人目のときには切迫早産で大変な思いをしたので、3人目はすごく、すごく慎重かつ気を遣って生活していました。

妊娠36週目くらいからお股が痛くて、痛くて…

妊娠36週目くらいからお股が痛くて、痛くて…。いよいよ赤ちゃんが生まれてくる準備をし始めたなと感じました。

前駆陣痛は不規則な痛みでした

陣痛 PIXTA

最初はちくちくと痛くて、だんだん1番痛い日の生理痛くらいの痛みになりました。

「3人目だと産道も広がっているし、陣痛が来ると生まれるまでが早いから痛み出したら病院に来てね」と助産師さんに言われていたので、すぐに病院に電話をかけて、病院に向かいました。

どうやら気持ちが焦ったみたい…

前駆陣痛が来たときに間隔をはかりますが、気持ちが焦ってしまって間隔が縮まってきたように思えてしまって...これは、陣痛につながりそうと思って病院にいたのですが、結局陣痛にはつながらずに帰宅しました。

それから妊娠40週までだらだら痛みが続きました

陣痛 PIXTA

信じられないことに妊娠37週から出産までだらだらだらだら痛みが続きました。

毎週ある健診のたびに助産師さんと「今晩きてもおかしくないよね」って話して健診が終わるという生活が、なんと40週まで続いたのです。

1度フライングしているし、ギリギリまでねばった出産

陣痛 PIXTA

前駆陣痛が当たり前になっていた妊娠40週と3日目の夕方から急に痛みが増してきて、痛いときには動けなくなるくらいに...でも、前駆陣痛が長くありすぎたせいで「これもどうせ前駆陣痛でしょ」と思って我慢。

そして、19時に上の子達を寝かしてからどんどん痛みが強くなってきて、歩けないほどに。

まずは実家に電話

まずは実家に電話をかけ、上の子達を預かってもらいました。それから病院に電話して、病院へ。夫は仕事だったので、出産になると確定してから電話を入れるつもりでした。

病院に向かう車中でお産になると確信。夫に電話を入れる

病院に行く車中で冷や汗が出るほどの痛みになり、これは本陣痛だと確信。夫に電話をかけるとすぐに病院へかけつけてくれました。

子宮口9センチ。もう生まれる

お産 PIXTA

病院に着いたときには休み休み歩かなければならないほど痛くて痛くて…内診すると子宮口9センチでした。本陣痛の痛さは半端じゃない。叫んで叫んで何かをつかんで、汗もだらだらで絶叫しました。

パパ到着後10分で出産

新生児 PIXTA

仕事中の夫に連絡して30分…到着して10分で出産。

2,700グラム。予想より少し小さめな女の子が生まれてきてくれました。

大きくなるのを待ってたのかな、と思っています

助産師さんは37週の時点で赤ちゃんもはまってるねと言っていました。ずっと前駆陣痛で痛かったので、きっと37週で生まれる準備はできていたけれど、体が小さかったので大きくなるのを待っていたのかな?それで前駆陣痛が長かったのかな?…と、真相はわかりませんが、私はそう思っています。

不安だし、怖いけれど大丈夫

新生児 PIXTA

前駆陣痛や本陣痛が怖いという気持ちは、何度経験しても抱くと思います。

私には漠然とした怖さもあり、前駆陣痛も痛かったです。それ以上に、本陣痛は汗ばかりが出て動けなくなるほど痛かったです。

しかし自分は一人じゃないという気持ちが出産までの道のりを支えてくれました。不安を一人で抱え込むのではなく、周りの協力を得ながら家族全員で乗り越えていきましょう。

おすすめ記事

「前駆陣痛」「痛み」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧