「準備しておけばよかった…」では遅い。停電しても困らないための方法は?

9月8日から9月9日にかけて日本を襲った台風15号、夜は眠れずに過ごしたという方もいるのではないでしょうか?関東地方の一部地域では現在も停電が続いています。大規模な災害に備えるのはもちろんですが、自宅で過ごせるけれど電気や水道、ガスが使えない状況に陥った際の対策はされていますか?これからも台風が続く可能性は十分にあります。今からできる対策をしておきましょう。

amana images

台風15号の影響による停電が発生中

東京電力パワーグリッド株式会社の公式サイトの情報によると、9月10日8時49分現在の情報では、千葉県や茨城県など、関東地方の広範囲で停電が続いています。

  • 茨城県:約19,900軒
  • 千葉県:約575,600軒
  • 神奈川県:約23,900軒
  • 静岡県:約11,400軒

これらの地域は順次停電復旧作業を行っているものの、完全復旧にはまだ時間がかかるもようです。

電気が使えないというのは大人一人でもしのぐのが大変なのに、子供を連れてとなる家庭ではとてもつらい状況であることが想像できますね。

一刻も早い復旧を願うばかりです…。

出典元:

9月10日は全国的に暑い日になる予想

猛暑 PIXTA

気象庁の公式サイトでは、毎日の日本全国の気温状況をお知らせしています。情報によると、今日は30度超えをする地域が全国で13地点も発生する予想。

関東地方、関西地方、沖縄地方の一部で30度超えとなり、全国的にも25~30度の気温になるそう。9月に入ってからは過ごしやすい日が続いていただけに、昨日今日と急激な気温差で体調を崩してしまう方もいそうですね。

電気を使える地域の方は、無理をせずエアコンや扇風機などで暑さ対策をしてください。子連れで外出される際は、保冷剤や水分補給になるものを準備していくと安心かもしれません。

暑い日、子連れでお出かけ「ベビーカーやチャイルドシートを使うときの暑さ対策」は何?

関連記事:

暑い日、子連れでお出かけ「ベビーカーやチャイルドシートを使うときの暑さ対…

暑い日の子連れでのお出かけには何かと気をつかいますよね。できるだけ子供…

エアコンを使わずに過ごす「ママたちの実践テク」5選

関連記事:

エアコンを使わずに過ごす「ママたちの実践テク」5選

暑い日が続き、9月になってもエアコンがフル稼働となるご家庭は多いと思いま…

出典元:

新たな台風が発生の予感?

気象 amana images

また、日本気象協会は、南の海上に新たな熱帯低気圧の発生を予測しています。このまま熱帯低気圧が進化していけば台風となります。9月はまだ台風シーズンになるので、引き続き注意していく必要があります。

台風は暴風と豪雨によって浸水や停電などさまざまな影響があります。台風15号によって今もなお停電する地域があるように、復旧までに時間がかかってしまう可能性も十分にあります。

日頃からの備えが、いざというとき家族の命や暮らしを支えることにつながります。準備しておきましょう。

停電に備えるための便利グッズを紹介

台風15号によって起きた停電。一刻も早い復旧を願うばかりですが、次に同じ事態が起きた時、慌てずに過ごせるようにおすすめの3商品をご紹介します。

暑い時期の停電を想定して、暑さをしのぐグッズと電源を確保するためのグッズです。ぜひ備えにお役立てください。

1.3in1 多機能ファン ソーラー扇風機

3in1 多機能ファン ソーラー扇風機

ソーラー充電機能がついており、一度の充電で6時間の稼働が可能な小型扇風機です。

コンパクトサイズですが、普段使いができるので便利です。いざというときのために、家族分備えておくのもいいですね。

2.Rockpals ポータブル電源

Rockpals ポータブル電源

一台は持っておくといざというときに大変便利なのが家庭用発電機です。アダプター、カーチャージャー、ソーラーパネルの三つの充電方法があるので、突然の停電でも安心。

一度にスマホやノートPC、ミニ冷蔵庫、LEDランタンなど幅広く電気を使用できます。

夏はキャンプの際にも使えるので、ご家庭に一台準備しておくと、いざというときに安心かもしれませんね。

3.Rockpals ソーラーチャージャー

Rockpals ソーラーチャージャー 30W

今や緊急時のライフラインの一つとなりつつあるスマートフォン。どこに行くにもスマホだけは持っていくという方もいるのではないでしょうか。

災害時もスマホの充電だけはとりあえず満タンにしておきたいという人には、ソーラー充電ができるものがあると便利です。さまざまなサイズのコネクタが付属されているので、手元に届いたその日から使用できます。

できることから対策をしていきましょう

家族 日本人 PIXTA

台風15号が日本を襲った9月8日の夜は、筆者の自宅でも隣町で避難勧告や土砂災害警報が出るなど、眠れない夜を過ごしました。家の窓に風と雨が激しく打ち付けられる音を聞いているだけで、家が壊れるんじゃないかと恐怖を感じました。

大人でさえ身の危険を感じるくらいですから、子供となるとパニックになっても仕方がないのかもしれません。ママやパパが子供を少しでも安心させてあげられるように、しっかり備えをして気持ちに余裕を持たせておけるといいですね。

おすすめ記事

「災害」「防災」「避難」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧