暑さ対策にショッピングモール!?エアコンを使わずに過ごす「ママたちの実践テク」5選

ジメジメした梅雨時期もやっと通り過ぎ、夏本番がやってきましたね。すでに毎日エアコンに頼っている方も多いのではないでしょうか。筆者の自宅も、6月中旬には冷房を利用しないと過ごせない状況でした。夏になると、いよいよエアコンがフル稼働となるご家庭は多いと思いますが、電気代が気になるところ。部屋によってはエアコンが設置されていない場合もあり、暑さ対策が必須ということもあるのでは?今回は、先輩ママたちが実践しているエアコン以外の暑さ対策について紹介します。

amana images

エアコンなしで夏を過ごすことは可能?おすすめアイテム&対策を大公開!

今の季節だと、風のある日や曇っている日などは窓を開け、風を部屋に取り込むだけで涼しく感じるときもあるかもしれません。しかし、日によってはエアコンを入れないと過ごすのがつらいときもありますよね。

これから本格的な夏になると、エアコンをひんぱんに使用する機会が増えるのではないでしょうか。しかしずっとつけたままにしていると、電気代がどうしても気になります。なかには部屋を涼しくしたいけれど、エアコンのような冷え方は苦手という場合や、部屋によっては設置されておらず使えないということもありますよね。

ママリでもこのような投稿がありました。

クーラー以外の暑さ対策で何かされてることありますか?
クーラー付けられない部屋が暑くて…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

筆者の家の場合は、間取り上エアコンを入れてもキッチンまで冷気が届かず夏は汗だく。揚げ物や火を長時間使う料理は極力作らないようにしています。扇風機を使用してますがそれでも暑いので、おでこには冷えピタ、口の中には氷を入れなめるといった方法でしのいでます。

それでも暑いので、今回先輩ママが実践している方法を一緒にみていきたいと思います。

暑い夏を乗り切るために工夫していることは?

赤ちゃんと一緒に夏を過ごすことを考えると、エアコンを活用して快適な空間作りをしてあげたいもの。しかし、どうしても設置できない部屋で過ごす場合、ほかの方法でなんとか暑さをやわらげたいですよね。

ママたちが実践している暑さ対策を、参考にしてみましょう。

1.体を冷やして、快適にする

睡眠 PIXTA

気休め程度ですが、扇風機や冷風扇使ったりしてます。
寝る部屋ならアイスノン使っていました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
以前、クーラーがなかった時は扇風機を回してアイスノンを当てて寝てました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寝苦しい夜は、頭を冷やすだけで気持ちよく眠れる場合もあるかもしれません。筆者の場合も、いつも子供と夫に挟まれて寝ているので暑く、夜たびたび起きてしまいます。

氷まくらではないですが、おでこに冷感ジェルシートを貼るだけでも気持ち良く寝られましたよ。

2.冷感グッズを使ってみる

シーツ amana images

娘が寝るところに冷感マット引いてます!
保冷剤も使ったりしてます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
冷感マットの下に保冷剤入れてあげると余計冷たくなってひんやりしますよ!

暑くて参っちゃいますよね😰
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今は、さまざまなメーカーから冷感グッズが発売されています。冷感マットの下に保冷剤を入れるという裏技は知らなかったので、筆者も試してみようと思いました。

衣類用の冷感スプレーを室内でも使うと、体を動かしたときに涼しくて気持ちよいですよ。

3.家に居る時間を減らす

ショッピングセンター PIXTA

北海道なのに最近毎日30度越えで暑すぎて外も出る気がおきません💦
夕方少し気温下がってから外行ったり買い物に出掛けてます(´∵`)
暑すぎなので平日は支援センター通い詰めようかな〜と思います💦
すだれも気になってましたが
やっぱり変わらないんですね、、
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私も家の中に熱こもります
外より暑いんじゃないかって
感じです…💔
扇風機1台で乗り切ってましたが
やっぱり子供が一番可哀想だし
支援センター行ったりショッピング
モール行ったりで涼みに行ってました😩
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

真夏は、家の中でエアコンを入れていても家事をしただけで汗びっしょりになってしまいませんか。節電のこともありますが、筆者も買い物がてら近くのショッピングセンターへ息子と涼みに行きます。

ある程度大きなところなので、ペットを見たり、本屋さんで絵本や幼児ドリルを選んだりと意外に楽しめるので、店内を散歩して過ごす日もありますよ。

公園などももちろんいきますが、真夏に毎日は体がもちません。こういった施設もじょうずに活用してみましょう。

4.遮光カーテンを利用する

カーテン PIXTA

我が家はカーテンを遮光性能の高いものに買い換えました(*´︶`*)
ニトリで4500円くらいのです。

昼間に部屋が暗くなるのは残念ですが笑、カーテン変えてない部屋と比べるとひんやりしてます♡
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
わたしは日中日が入ってくるところのカーテンはしめてます!日差しが入ると室温も上がってしまうので💦
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

暑い夏、部屋の中でエアコンをつけていても窓からの強い日差しでなかなか空間が涼しくならないと感じることはありませんか。対策の一つとして、家のカーテンを遮光タイプのカーテンにすると直射日光が入らない分、ある程度室内の温度上昇を抑えることができます。小さなお子さんが居る場合、少しでも快適に生活したいですよね。

遮光カーテンだと部屋が暗くなってしまうという方は、レースカーテンを遮熱・ミラー効果のあるタイプに変えるだけでも、熱の蓄積を軽減できるようです。

出典元:

5.【番外編】エアコンと併用しサーキュレーターを使用してみる

サーキュレーター PIXTA

天井にこもった熱をサーキュレーターなどで逃し、外に出すといいですよ。
あとは、洗面器に氷を入れて扇風機の前に置いたり、
霧吹きで水を噴射し、うちわで仰ぐと気化熱で涼しくなりますよ(ノ*ˊωˋ)ノ

私はクーラーが苦手なのでできるだけ使わないようにしようと思っています。
この夏これらを試して見る予定です。(一応クーラーあるのですが)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
サーキュレーターは4000円くらいでありますよ。

ちなみにうちは、首が天井にも向いてくれるし、室温感知して自動運転してくれるちょっと高めの扇風機を買いました(∩´∀`)∩
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらはエアコンとサーキュレーターを併用しているママたちの意見。サーキュレーターは扇風機に比べると風の威力が大きいことが特徴です。扇風機は風によってダイレクトに涼をとるのに対して、サーキュレーターは作り出す風で空気をかきまぜる目的を持っています。

エアコン出てくる空気は天井や床にたまりやすいので、サーキュレーターを利用することで空気が循環し、夏だけではなく冬も節約しながら温かく過ごせそうです。

出典元:

ちょっとした工夫で暑い夏も快適に

ひらめき PIXTA

夏はエアコンが手放せない…と思うかもしれませんが、冷感グッズを使用すれば節電・節約ができそうですね。

子供は汗をかきすぎると、あせもができたり湿疹ができてしまったりと、大人以上にお肌がデリケート。赤ちゃんのお肌を守るためにも、汗をかいたらシャワーをしたりぬらしたガーゼで体を拭いてあげたりと清潔な状態を保ちましょうね。

今日紹介した真夏の対策を上手に活用しながら、今年の夏も乗り切りましょう。

出典元:

おすすめ記事

「対策」「アイテム」「涼しく」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧