ドラム式洗濯機の中から出られず7歳男児死亡。ママができる事故対策とは?

2015年6月、東京都で7歳の男の子がドラム式洗濯乾燥機の中に閉じ込められ、死亡する事故が起きました。低い位置に洗濯物の投入口があるドラム式洗濯機は、子供が中に入ってしまいやすい構造。内側からは扉が開けられないものもあり、注意が必要です。事故の経緯と、洗濯機による事故を防ぐためにママができることをまとめました。

PIXTA

ドラム式洗濯乾燥機の中で男児が死亡

2015年6月、東京都で7歳の男の子がドラム式の洗濯乾燥機の中に閉じ込められ、死亡していたことが分かりました。

男の子が閉じ込められた洗濯乾燥機は一度ドアが閉まると内側からは開けられない構造。そのため、誤って中に入ってしまい、呼吸ができなくなって死亡したと思われます。

母親から「子供が洗濯乾燥機の中に閉じ込められて意識がない」と通報があり救急隊員が駆けつけましたが、男の子は心肺停止の状態。病院に運ばれたものの死亡が確認されたということです。

出典元:
私が思う子供乗せ自転車の注意点と、ヒヤッと体験談

関連記事:

私が思う子供乗せ自転車の注意点と、ヒヤッと体験談

気軽に子供を乗せて出かけられる自転車。駐輪場でも子供乗せ自転車を見かけ…

「おやすみ」が最後の言葉に

PIXTA

事故の前日、母親は午後11時すぎに男の子を寝かせましたが、約2時間後にベッドに男の子がいないことに気づいたそう。

家の中を探したところ、ドラム式の洗濯乾燥機の中でぐったりしていたといいます。

寝室で「おやすみ」と会話したのが、母親が男の子と交わした最後の言葉となってしまいました。

出典元:

事故を防ぐためにママができることは?

我が家もドラム式洗濯機ですが、この事故はとてもショッキングでした。

そしてこうした悲しいことにならないように、私はこんなことに注意して過ごしています。ぜひ皆さんに参考にしていただきたいです。

1:市販のストッパーを利用し、蓋を簡単に開閉できないようにする

ベビーガード

小さな子供がいる家庭で、よく子供のいたずら防止に使われているストッパー。

これを洗濯機の蓋部分につけることで、開閉しにくくなり、小さな子供の事故を防ぎやすくなります。我が家はこれを取り付けています。

キャビネットロックで赤ちゃんを危険から守ろう!おすすめ商品5選

関連記事:

キャビネットロックで赤ちゃんを危険から守ろう!おすすめ商品5選

赤ちゃんが動き回るようになって、戸棚をあけてイタズラをするようになって…

2:チャイルドロック機能を利用する

PIXTA

自宅にある洗濯機が「チャイルドロック機能」つきのものであれば、積極的に利用しましょう。

ロックをかけることで、子供が勝手に蓋を開けたり、ボタンを操作できなくなります。我が家はストッパーとチャイルドロックのダブル使いですよ。

3:使っていないときは蓋を閉める

PIXTA

洗濯槽を乾燥させた方が良いと考えて、ドラム式洗濯機の蓋を開けっ放しにしていませんか?

蓋が開いていると子供が入ってしまう可能性があります。子供が家にいる間は必ず閉めるようにしています。

4:話が理解できる子供には、危険性の説明を

PIXTA

ストッパーをつけたり、チャイルドロックをかけたりしていても、小学生くらいの子供なら簡単に蓋を開けられるかもしれません。

私のお友達は、子供が成長してからは危険性をしっかり伝えるようにしていました。

ドラム式じゃなくても油断は禁物!

PIXTA

今回事故が起きたのはドラム式洗濯機でしたが、小さな子供はどこに入ろうとするか分かりません。家の中のどんな場所にもママの注意をはらって安全を確認しておきたいですね。

悲しい事故が二度と起きないように、筆者もママの一人として対策できることはやりたいと思っています。

「ドラム式洗濯機」「事故」「対策」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!