「しまむら」のアイテムを使った、プチプラなのにおしゃれな「旬のママコーデ」TOP4

うだるような暑さもだいぶ落ち着き、日中の外出もしやすくなった今日この頃。お店では秋物がそろい、コーデに取り入れたいと思っているママもいるかもしれませんね。できれば、リーズナブルで手頃に手に入るアイテムを着回し、ファッションを楽しみたいもの。今回はプチプラブランド「しまむら」のアイテムをじょうずに活用したコーデをインスタグラムより紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

「しまむら」ならお手頃価格でトレンドアイテムがずらり

子供のことや家族のことなど、普段子育てで忙しいママもたまには息抜きで自分のために時間を使い、おしゃれを楽しみたいですよね。しまむらならお洋服はもちろん、ファッション雑貨や靴などの種類も多く、試着の際もとてもイメージがしやすいです。

プチプラアイテムなら、トレンド感のあるものも気軽にチャレンジしやすいので毎日のコーデをより楽しむことができますよ。今回はインスタグラムより、しまむらのアイテムを使用したコーデを紹介したいと思います。

1.しまむらのカーデが主役、大人ラクゆるこなれスタイル

こちらは、しまむらのカーディガンが主役の秋コーデ。ベージュやブラウンなど大人の女性が普段のファッションに取り入れやすいカラーなので2色買いしたくなるほど万能なアイテムです。

これから肌寒くなってくる季節に羽織りものは活躍する場が多く、おなか周りや二の腕など体形カバーにもおすすめ。サイズをあえて1サイズあげ、ゆるめに着用しても抜け感があって素敵ですよ。

ベージュのパンツはGUのもの。リブパンツなので締め付け感もなく、毎日楽に着ていただけるアイテムです。カーディガンの素材が引き立ち、相性が良いコーデになってますね。

2.しまむらと人気インスタグラマーとのコラボ、マーメイドスカート

プチプラファッション界のカリスマ「プチプラのあや」さんとコラボした、話題のスカート。流行のアイテムを1,900円といううれしい価格で購入することができます。

丈が長いのでTシャツと合わせても上品に着こなすことができ、他のママと差をつけることができそうです。

レオパード柄は去年に引き続き今年もさまざまなアイテムが展開されています。こちらの商品は優しいブラウンの色味で、フレア感たっぷりのマーメイドスカートに。歩くとふわっとすそが広がりとてもきれい。女性らしさを演出できる一着です。

3.大人かわいい秋先取りブラウンコーデ

全身ワントーンでまとまっていて、ナチュラルで大人っぽいスタイル。カラーは統一しながらも、しまむらのマキシスカートが柄物なのでアクセントになっていたり、バッグやシューズを濃い目のブラウンを合わせたりと、トータルコーディネートされています。

キャップも朝が忙しいママにとって便利なアイテム。時間がなくて髪がまとまらない日でも、帽子を被るだけでこなれた雰囲気にみえますよ。

暑い日もまずはカラーで秋を取り入れると、ママコーデもワンランクアップできそう。

4.体形カバーもできてしまうオールインワンは秋も外せない一着

しまむらのリブ入りオールインワンは、秋色カラーで楽な着こなしができるアイテム。単色なのでトップスにボーダーや柄物をもってきてもOKですし、肌寒い日は上からスウェットなどを着ても相性がよいですよ。春~秋過ぎまで長期間着ることができるこ所も、ママにはうれしいところ。

今回は髪をシンプルにまとめるだけではなく、キャスケットをかぶっているのもポイント。アクセサリーや時計もゴールドで統一していて素敵ですね。秋冬に人気のアニマル柄も、洋服に取り入れることへ抵抗がある方は写真のように小物で取り入れるなどをしてもよいかもしれません。

「しまむら」へお気に入りの一着を見つけに行こう

今回ご紹介したコーディネイトはどれもしまむらの商品を取り入れたものばかり。プチプラなのにコーディネイト次第で、高みえするアイテムがたくさんそろっています。SNSにはしまむら好きの人を「シムラー」、お買い物へ行くことを「しまパト(しまむらパトロール)」と呼ばれているほど。人気の高さがうかがえますね。

普段のお買い物や保育園の送り迎えなど、何気ない毎日もさりげなく流行を取り入れファッションを楽しみたいもの。ママもいつまでも若々しくキラキラしていたいはず。プチプラなら、毎日着用し汚れてもそこまで気負わないのもメリット。

秋が近づき、小物やアウターなどコーディネート選びが楽しくなる季節が始まりましたね。皆さんも「しまむら」でおしゃれを楽しんでみませんか。

おすすめ記事

「ママコーデ」「プチプラ」「しまむら」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧