もしも、おっぱいの中に工場があったら【漫画】

0歳の男の子を育てている、倉田けい(@kurata_kei)さん。今回は、おっぱいを工場にたとえたエピソードをご紹介します。日夜、生産を続けるおっぱい工場。もちろんクライアントはけいさんの息子さんですが、ある日、急に出荷が停止。在庫が大量にある工場は大あわてに!どうやって乗り切ったのでしょうか。自分のおっぱいがもしこうだったら…と楽しくなってしまうエピソードをごらんください。

©倉田けい

©倉田けい

©倉田けい

©倉田けい

倉田けい(@kurata_kei)さんのインスタグラム

工場の中で繰り広げられるお話、とてもかわいらしくクスッとしてしまう内容でしたね。倉田けいさんのその他のエピソードは、下記よりごらんください。

出産後も、おなかが大きいままな理由【漫画】

関連記事:

出産後も、おなかが大きいままな理由【漫画】

妊娠中は少しずつ大きくなっていくおなかに愛着があったけれど、産後なかな…

おすすめ記事

「漫画」「おっぱい」「工場」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧