1. トップ
  2. 妊娠
  3. 妊娠の基礎知識
  4. マタニティハイは気づきにくい…先輩ママの失敗から学ぶ、会話の注意点3つ

マタニティハイは気づきにくい…先輩ママの失敗から学ぶ、会話の注意点3つ

おなかの中にいとおしい赤ちゃんがいる、妊娠中の日々。「幸せだなあ」と幸福感をかみしめることもあるでしょう。そんなとき、親しい友人と話す機会があったら、妊娠に関することを話したくなるかもしれません。しかし、こんなときこそ発言には要注意。うっかり自分本位に話してしまうと、思いもよらず相手を傷つけてしまうかも。今回は、先輩ママの体験談から、妊娠中の会話の注意点をご紹介します。

PIXTA

先輩ママの失敗から学ぶ、妊娠中の会話での注意点

妊娠中は赤ちゃんの誕生を心待ちにするあまり、無意識にハイになっていることがあります。また、不安や心配ごとがある分、誰かに話したいという思いも大きいですよね。

そんな状況にあるときは、いつもなら相手を気遣うような場面でも、つい自分本位な発言をしてしまうかもしれません。ここからは、先輩ママの失敗談から、妊娠中の会話シーンで気を付けたい言葉についてご紹介します。

1. こんなに大きくなったの~

妊婦 PIXTA

妊娠中エコーの写真やらお腹の写真やらSNSや友達にも送ったりしていて、今考えると顔から火が出そうです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

妊娠中は寝ても覚めてもおなかの赤ちゃんのことが気になり、妊娠のことばかり考えてしまうかもしれませんね。とはいえ、友人との話題もすべて妊娠生活のことでは、相手を退屈させてしまうかも。自分の近況報告はしつつ、相手の話も同じだけ聞くように心がけましょう。

また、SNSでの発信も要注意。特に、マタニティフォトやエコー写真の投稿は、好意的に見る人がいる一方で「見たくない」と思う人がいるのも事実。過度な発信は避けたほうが無難かもしれません。親族や、お互いにエコー写真を送り合うような友人とのやり取りにとどめましょう。

2. あなたも妊娠したらいいのに

女友達 PIXTA

不妊の知識がない人からしたら『子供まだ作らないのかな?』だと思います。私は実際そう思ってて、知人に『子供はまだ考えてないの?』と聞いて『いつできても良いんだけどね~』と返されてましたがそれが不妊とまでは思いませんでした。
その方が妊娠してから不妊治療してたということを知って、失礼なことばかり聞いてたなと反省しました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

いくら自分が「妊娠してうれしい」と思っているとしても、相手に「あなたも妊娠すればいい」などと発言するのは避けましょう。理由があって結婚や妊娠をしない人もいれば、人によっては不妊に悩んでいる場合もあるからです。

もしも相手側から「結婚(妊娠)ってどう?」と聞かれたときに自分の思いを話すのは良いとしても、相手の状況に口をはさむのはNG。お互いの今の状況を肯定し合うような会話を意識すれば、双方ポジティブな会話になりますよ。

3. 子どもを持つことで大人になった気がする

妊婦 笑顔 PIXTA

気兼ねなく話せる人に教えているアカウントで「赤ちゃん産まれたら沢山お出かけしよう!」や「やっと一人前の大人になれた気がする」などのツイートをしたら、直接リプライではないものの「今の私にそういうのは不快だなぁ」といったつぶやきをしているのを見てしまいました。
原因は間違いなく私だ、と思い直ぐに「不快に思ったのだとしたら申し訳ない」と謝りましたが、、
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今の気持ちを素直に伝えているつもりでも、状況が違う人にとっては、価値観の違いから受け入れられないかもしれません。

幸せの基準や、大人になったと感じる基準は人それぞれ。意図しないような捉えられ方をしてしまう会話や投稿は、避けたほうがよさそうですね。友人同士で状況や考え方が違うからこそ、気遣いのある話し方が大切。自分の妊娠中の苦労を聞いてもらうとしても「お互いに頑張っているよね」と労いあうような会話ができるとよいですね。

お互いの状況に気遣って、良好な関係を続けよう

電話 謝る PIXTA

大切な友人とは、妊娠出産を経てもよい関係を続けていきたいもの。もしも会話のすれ違いで相手に嫌な思いをさせたと感じたら、素直に謝ることも大切です。お互いに気持ちがよい友人関係を続けていけるとよいですね。

友人同士、置かれている状況や価値観が違うからこそ、お互いに認め合えると心地よいもの。周囲に居る人への気づかいを忘れず、楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。

おすすめ記事

「妊娠中」「会話」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧